logo

ESET製品 AV-TESTの「Best Usability」アワードを受賞



~独立系テスト機関がESET Smart Security 5に最高評価~

※ESET社におけるプレスリリースの抄訳

ブラティスラバ - ESETは、統合セキュリティソフトウェアのESET Smart Security 5が、ITセキュリティおよびアンチウイルス研究に関する国際的な独立系サービスプロバイダーであるAV-TEST Instituteの「2011 Best Usability」アワードを受賞したと発表しました。今回の栄誉は、誤検知とシステムパフォーマンスに与える影響を最小限に留めたESET Smart Security 5の有用性を高く評価されたためです。

AV-TESTの各アワードは、その秀でた性能によって、ITセキュリティにおける新たな水準の確立やデータ通信における脅威の阻止に多大な貢献をしたアンチウイルス製品に対して与えられます。ESET Smart Security 5が受賞した「Best Usability」アワードでは、システムのパフォーマンスに与える影響が選考基準となります。具体的には、通常使用時におけるコンピューターの平均パフォーマンス低下率や、誤検知数、誤警告数、ファイルダウンロード時における特定操作の誤ブロック数、インストールの容易さ、使い勝手の良さなどが評価されます。

AV-TESTのCEOであるAndreas Marx氏は次のように述べています。
「ESET Smart Securityは、ホームユーザー向け製品を対象にした今年度のユーザビリティテストで突出した成績を記録しました」

ESETにとって今回の「Best Usability」アワード受賞は、先日71回目の受賞を果たしたVirus Bulletinの「VB100」アワードに代表される、セキュリティ業界からの一連の賞賛に続く新たな栄誉です。ESET NOD32 Antivirusは、数あるアンチウイルスソリューションの中でVB100アワードの最多受賞回数を誇り、現在は50回連続の受賞を記録しています。また、AV-Comparativesの「2011 Top Rated Product」アワード、「Best Overall Speed 2011」アワード、パフォーマンス・テストでの6回連続となる「Advanced+」アワードの受賞にも輝いています。

ESET CEOのRichard Markoは次のように述べています。「AV-TESTによって、当社製品のユーザビリティの高さが評価されたことをうれしく思います。ESETは、セキュリティ性能の高さとリソース使用量の少なさを両立した製品の開発を追求してきました。今回のアワード受賞は、その努力が明確に認められた証となります」


■AV-TESTについて

AV-TEST GmbHは、ITセキュリティとアンチウイルス研究に関する独立系サービスプロバイダーです。主に、最新のマルウェアの検出と分析、それらを利用したセキュリティ製品の比較テストを行っています。


■ESET社について

1992年に創設されたESETは、企業および個人向けのセキュリティソリューションを提供するグローバルプロバイダーです。ESETは、プロアクティブなマルウェア検出技術のパイオニアであるとともに、この分野で業界をリードし続けています。ESET NOD32 Antivirusは、『Virus Bulletin』誌のVB100アワード最多受賞回数を記録しているほか、1998年の同テスト開始以来、「In the Wild」と呼ばれる実際に感染報告があるワームやウイルスを1つ残らず検出しています。ESET NOD32 Antivirus、ESET Smart Security、ESET Cybersecurityは世界中の数百万人のユーザーに利用されており、各方面から極めて高い評価を得ています。

ESETは、スロバキアのブラティスラバにグローバル本社を、米国のサンディエゴ、アルゼンチンのブエノスアイレス、シンガポールに地域流通拠点を構えています。また、ブラティスラバ、サンディエゴ、ブエノスアイレス、チェコ共和国のプラハ、ポーランドのクラクフ、カナダのモントリオール、ロシアのモスクワにマルウェア研究センターを置き、世界180か国にまたがる広範なパートナーネットワークを築いています。

日本国内では、キヤノンITソリューションズ株式会社がESET社製品の総販売代理店です。


■ESET NEWS (キヤノンITソリューションズ株式会社 ホームページ)

ESET Smart Security、ESET NOD32 Antivirusの開発元であるESET社から発信された情報を、キヤノンITソリューションズ株式会社のホームページにてご案内しています。

リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。