logo

PC向けメディアプレイヤー『music.jp PLAY』サービス開始



~スマートフォンとPCの連動で音楽ライフをさらに便利に!~
PC向けメディアプレイヤー『music.jp PLAY』サービス開始

(株)エムティーアイは3月上旬より、PC向けメディアプレイヤー『music.jp PLAY』のサービスを開始します。
当サービスでは、PC本体に保存してある楽曲に加え、スマートフォンなどの携帯端末に保存している楽曲も併せて、PCで一括管理することができます。
様々なデバイスに取り込んだ楽曲をPCにまとめて保存し、そこから好きな楽曲を好きなデバイスに移行させて聴けるので大変便利です。
さらに今までは、携帯音楽配信サービスからダウンロードした楽曲はPCに取り込むことができませんでしたが、『music.jp』からダウンロードした楽曲は、PCに保存することができるようになります。
また、以前使っていた携帯電話に保存してある楽曲も、『music.jp PLAY』を利用して、今使っているスマートフォンなどへ移行させることができます。
これらの機能は、今まで一部の携帯電話会社の端末でしか使えませんでしたが、当サービスが初めて携帯電話会社を問わず、すべてのAndroidスマートフォンでの利用を可能にしました。
*メディアプレイヤー:動画や音楽などのマルチメディアコンテンツを再生するためのソフトウエア

◆複数の音楽形式やデバイスの音楽管理を簡単にするメディアプレイヤー登場!
現在音楽の入手方法は、CD購入以外に、PCや携帯端末でのダウンロード購入も主流になってきました。
再生するプレイヤーも、ライフスタイルの変化や技術進化に伴い、幅が広がっています。
特に、スマートフォンは従来の携帯電話に比べ、高機能・大容量という利点を持ち、音楽プレイヤー機能も、保存量やダウンロード速度、音質、使いやすさなどが数段アップし、新たな音楽再生デバイスとして注目されています。
しかし、現在すべてのスマートフォンに対応したメディアプレイヤーはなく、スマートフォンを含めたデバイスをまとめて管理するには、多くの手間がかかっていましたが、『music.jp PLAY』の登場で、楽曲データと複数のデバイスを便利に使うことができるようになりました。

◆デバイスを問わず、幅広く使えるメディアプレイヤー!
『music.jp PLAY』をPCにインストールすると、ファイル形式や入手経路に関わらず、PCとスマートフォンなどの様々なデバイスを繋ぐことができるので、音楽をPC上でまとめて管理することができます。
自分が持っているすべての楽曲をPCで一覧表示でき、好きな楽曲を好きなデバイスに移行させて聴けます。 スマートフォンを「携帯音楽プレイヤー」として利用したい人には、例えばCDからPCに取り込んだ楽曲をスマートフォンに同期させて聴くことができます。
 さらに、対応のファイル形式が7種類と豊富なため、ICレコーダーで録音した英会話のレッスンなど、音楽以外の音源も、まとめて管理することができます。
 また、常に新しい技術をもちいてバージョンアップして機能強化を図っていきます。

<利用できる主な機能>
●PCや、スマートフォンなど複数のデバイスに取り込んだ曲の一括管理(約10万曲)
●PCや、スマートフォンなど複数のデバイス間での楽曲の同期
●CD楽曲のPCへの取り込み
●PCでの楽曲再生
●CD焼き込み機能
※スマートフォンは、Android搭載のスマートフォンで利用が可能です。
※著作権の管理方法によっては、一部移行のできない楽曲があります。

今後は、ダウンロード販売やストリーミングサービスとの連携を強化、拡大していきます。

『music.jp』では、一番身近にある携帯端末を利用して、多くの人々がより便利な音楽生活を送れるよう、今後も、末長く利用されるサービスを生み出していきます。また、音楽権利者が安心して楽曲を提供できる新たな環境を整え、音楽配信市場をリードしていきます。

≪『music.jp PLAY』について≫
サービス名 : music.jp PLAY
課金額 : 無料
アクセス : リンク にアクセス


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。