logo

Android搭載スマートフォンの専用アプリで写真や広告を撮影すると、 画像がムービーのように動き出す!2012年2月11日(土)の読売新聞朝刊にて掲載

株式会社読売新聞東京本社 2012年02月11日 10時27分
From PR TIMES



~ 新聞が、動きだす。 Androidで、ARで、広告が動く!変わる! ~

 株式会社読売新聞東京本社(本社:東京都中央区、以下読売新聞)は、この度、2月11日(土)の朝刊にて、AR技術(Augmented Reality、拡張現実)を利用した広告を掲載します。
掲載広告主は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモほか2社となっています。

 AR技術とは、コンピュータを利用して、現実世界に情報を付加する技術です。読売新聞では、スマートフォンの普及に伴い注目を集めるAR技術の広告への活用に取り組んできており、本企画は、Android搭載のスマートフォン専用アプリで紙面の広告を撮影すると、画像がムービーとして動き出す仕組みになっています。

 体験方法は簡単。Android搭載のスマートフォンで「Android market」から専用の「読売AR」アプリをダウンロードし、そのアプリで「ARマーク」のある画像を撮影すれば、その画像が動き出す様子を楽しめます。(※AR広告の詳しい体験方法は、下記の説明をご参照ください。)

 本企画では、企画扉でサイレントコメディ・デュオ「が~まるちょば」のパフォーマンス動画が見られるほか、新聞の各面に掲載されている協賛広告主のオリジナル動画コンテンツを読売新聞の紙面限定で楽しむことができます。
 特に株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの応援学割の広告では、人気のアイドルグループAKB48のオリジナル映像を視聴することができます。ドコモの応援学割のCM撮影の際に制作された特別動画やAKBのメンバーが視聴者に語りかける限定映像が楽しめます。

【AR広告の体験方法】
1.インストール
「Androidマーケット」にアクセスし「読売AR」アプリ(無料)を検索。
ダウンロードの上、インストール。※対応OS:Android1.6以上
2.撮影
インストールしたアプリを起動し、本日掲載されている「ARマーク」のついた広告を撮影。
3.動きだす!
撮影した画像が動き出し、数十秒間のAR動画(無音)が流れます。
その後、全画面に広げると音声つきの動画が楽しめます。

<本件に関するお問い合わせ先>
読売新聞東京本社広告局 担当:安済
TEL:03-6739-6237 FAX:03‐3216‐8759


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。