logo

アニメ化作品『電波女と青春男』 遂に電子書籍化 文庫未収録の短編2作品 BOOK☆WALKER独占配信 『キノの旅』著者・時雨沢恵一の文庫未収録作品も好評配信中



角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて、株式会社アスキー・メディアワークス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:高野 潔)が発行する、『電波女と青春男』(電撃文庫刊)の電子版の配信を本日・10日に開始いたしました。紙の文庫ですでに刊行されている本編8冊とSF(すこしふしぎ)版だけではなく、文庫未収録の短編2作品を「BOOK☆WALKER」にて独占配信しております。

昨年テレビアニメ化されたことも記憶に新しい、入間人間著『電波女と青春男』。刊行中のシリーズ9冊全てを一挙に電子書籍化しました。これに合わせて、文庫未収録の短編2作品も電子書籍化し、「BOOK☆WALKER」にて独占配信いたします。
今回配信される短編は、人気キャラクター・星宮社の本編登場前のエピソードを描いた『釣り女と超能力少女』と、シリーズのヒロイン・藤和エリオがある人物と出会うことから始まる『(元)神様女と宇宙少女』です。雑誌掲載後、読者からの「もう一度読みたい」というリクエストに応える形で電子書籍化が実現しました。電子書籍を体験したことが無い方にもお試しいただき易い価格にて提供しています。
同時にコミカライズ第1巻『電波女と青春男(1)』(電撃コミックス刊、著者:山根真人)も配信いたしました。

また、同じ電撃文庫からは先月末より『キノの旅』で知られている時雨沢恵一の短編2作が配信中です。この『抹殺者』、『おはよう -Sena Saw Emiko. Sena Didn't See Emiko.-』も文庫未収録作品です。これまで読むことのできる機会が少ない作品であったため話題になり、配信開始直後からBOOK☆WALKERランキングの上位にランクインしています。


◎『電波女と青春男』
1~8巻、SF(すこしふしぎ)版
著:入間人間 イラスト:ブリキ
価格:作品により異なる
◎【文庫未収録】『釣り女と超能力少女』
著:入間人間 イラスト:ブリキ
価格:170円(税込)
◎【文庫未収録】『(元)神様女と宇宙少女』
著:入間人間 イラスト:ブリキ
価格:170円(税込)
◎『抹殺者』
著:時雨沢恵一
価格:各85円(税込)
◎『おはよう -Sena Saw Emiko. Sena Didn't See Emiko.-』
著:時雨沢恵一
価格:各85円(税込)


「BOOK☆WALKER」とは: 
iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けの角川グループ直営電子書籍配信プラットフォーム。現在は、ストア・ビューア一体型アプリケーションとして、公開されています。ライトノベル、コミック、文芸、新書、雑誌など角川グループの作品を中心に3,500タイトル以上を販売しています。
先日PC版ストアを公開。ニコニコ動画やGREE等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスもスタートいたしました。今後は、これまで以上に多くの作品を配信するだけではなく、サービスの拡充を目指してまいります。

≪「BOOK☆WALKER」にコンテンツを提供している出版社一覧≫
株式会社角川書店/株式会社角川学芸出版/株式会社アスキー・メディアワークス/株式会社富士見書房/株式会社エンターブレイン/株式会社中経出版/株式会社新人物往来社/株式会社角川マガジンズ/株式会社角川コンテンツゲート/ソフトバンク クリエイティブ株式会社

『電波女と青春男』とは:
電撃文庫刊の入間人間/著、ブリキ/イラストのライトノベル作品。現在、本編8巻とSF(すこしふしぎ)版が刊行されています。
[あらすじ]
宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子との甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。「地球は狙われている」らしい。同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオからの引用だ。俺の青春ポイントが低下する要因であり、本ミッションを阻害する根源でもある。天然癒し系な爽やか健康娘・リュウシさんや、モデルさんもびっくりの長身(コスプレ)少女・前川さんとの青春ポイント急上昇的出会いを経たにもかかわらず、俺の隣にはなぜか布団でぐーるぐるな電波女がいるわけで……。……俺の青春って、一体どーなんの?

「電撃文庫」とは: 
1993年6月創刊、2011年で創刊18年を迎えた文庫レーベル。ファンタジー、SF、ミステリー、ホラー、ラブコメなど、ジャンルを問わないオリジナルなエンタテインメント作品を刊行しています。これまで『とある魔術の禁書目録(インデックス)』(26冊/1,230万部)、『灼眼のシャナ』(24冊/800万部)、『キノの旅』(21冊/700万部)など数多くの人気シリーズを生み出してきました。アニメ、コミック、実写映画、ゲーム、音楽など、さまざまなメディアミックス展開も行っており、「電撃文庫」は幅広い層の方々に楽しんでいただいています。毎月10日発売。

角川コンテンツゲートとは: 
角川コンテンツゲートは、小説、コミックス、映画、アニメ、ゲームといった角川グループの豊富なコンテンツを新たな時代に導くためのゲートとなるべく創設されました。電子書籍配信の「BOOK☆WALKER」「ちょく読み」、映像配信の「ムービーゲート」、さらにはソーシャルゲームやアプリの開発などを通じて、新しい時代のコンテンツのあり方を模索し、挑戦し続けているインキュベーションカンパニーです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。