logo

大人気!! 松岡圭祐「万能鑑士Qの事件簿」シリーズ 電子書籍版も全12巻コンプリート 新シリーズ「万能鑑定士Qの推理劇」もスタート!!



角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」で、累計200万部を突破した角川文庫の人気作、『万能鑑定士Qの事件簿』を先月末までに、最終巻である第12巻まで配信開始いたしました。また、同作家の発表間もない新作『万能鑑定士Qの推理劇 I』を本日・2日に配信しております。

作者、松岡圭祐は、1968年12月3日生まれ。デビュー作『催眠』がミリオンセラーとなった人気作家。現在、角川文庫では「千里眼」シリーズ、「万能鑑定士Q」シリーズをはじめ53冊が刊行され、いずれも大ヒットを飛ばしている。
「万能鑑定士Q」シリーズのヒロインは凜田莉子、23歳。高校までどん底の成績だった天然少女だったが、沖縄から上京後、高い感受性を学習に役立てるすべを知り、驚異の頭脳派に成長。瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破ることができるようになる。飯田橋に「万能鑑定士Q」という店をオープンすると、数々の難事件が持ち込まれるが、たぐい稀なるその知性で解決していく。
面白くて知恵のつく、人の死なないミステリとして、巻を重ねるごとに、人気を博し、電子書籍版がそろうのが待たれていた。今回、「万能鑑定士Q」シリーズ史上最高傑作とされる『万能鑑定士Qの推理劇I』の電子書籍も発売となり、クールビューティ莉子の魅力を一気に堪能できる。


「BOOK☆WALKER」とは: 
iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けの角川グループ直営電子書籍配信プラットフォーム。現在は、ストア・ビューア一体型アプリケーションとして、公開されています。ライトノベル、コミック、文芸、新書、雑誌など角川グループの作品を中心に3,500タイトル以上を販売しています。
先日PC版ストアを公開。ニコニコ動画やGREE等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスもスタートいたしました。今後は、これまで以上に多くの作品を配信するだけではなく、サービスの拡充を目指してまいります。

≪「BOOK☆WALKER」にコンテンツを提供している出版社一覧≫
株式会社角川書店/株式会社角川学芸出版/株式会社アスキー・メディアワークス/株式会社富士見書房/株式会社エンターブレイン/株式会社中経出版/株式会社新人物往来社/株式会社角川マガジンズ/株式会社角川コンテンツゲート/ソフトバンク クリエイティブ株式会社

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。