logo

シグナル、フォトブック代理店販売制度を本格展開 

シグナル、フォトブック代理店販売制度を本格展開
全国の観光地の宿泊施設やレジャー施設などを受付窓口に
事業者は初期費用をかけずに写真事業に参入可能
~注文受付後は、シグナルが利用者の自宅にフォトブックを個別配送~

WEBPR・WEBマーケティング事業を展開する株式会社シグナル(東京都港区、代表取締役:草場 大輔、以下シグナル)は、2011年3月から提供を開始したフォトブックサービス『おまかせ!フォトブック』(URL:リンク)の新しい販売手法として、2012年2月から全国の観光地の宿泊施設やレジャー施設などを対象に代理店販売制度を本格展開します。

デジタルカメラが老若男女を問わず一般的に普及し、生活の多様な場面で大量の写真が撮影されるようになりました。しかし、記憶メディアの大容量化に伴い、撮影した写真を現像せずにカメラの中にデジタルデータとして保存したまま放置する利用者も少なくないようです。『おまかせ!フォトブック』事務局が2011年8月に行った調査でも7割の利用者が1年前の写真の整理ができていないと回答、実際に『おまかせ!フォトブック』の利用者から預かる写真も1年以上前に撮影されたものが数多く含まれます。
一方、多くの消費者が思い出として写真撮影する機会も多い観光地やレジャー施設などでは、個人の撮影した写真を観光地や施設で現像する機会をつくり、収益化できている事業者は多くありません。大半の利用者が帰宅後に近隣店舗で現像したり、自宅で自ら加工したり、あるいは記憶メディアに保存したまま埋もれさせてしまうのが現状です。

『おまかせ!フォトブック』は、利用者自身による写真選択や編集の手間が要らないことから、パソコン操作が苦手な、あるいは時間がない利用者向けのサービスとして展開してきました。
シグナルは、前述の利用状況を踏まえつつ、その独特な注文手順を活用することで新たな販売機会を創出することが可能と判断し、2012年2月から全国の観光地の宿泊施設やレジャー施設などを対象に代理店販売制度を本格展開します。
このたびの代理店販売制度は、事業者に対しては初期費用や煩雑な手間などをかけさせずに写真の加工・現像事業に容易に参入させることができ、思い出を即座に形にしたい消費者に対しては新たな価値を提供できることからフォトブック事業の裾野を拡大できる可能性が高いと考えています。既に東海・近畿地方で11軒の宿泊施設を運営する海栄RYOKANSにおいては、傘下の7軒の旅館での採用が決定しています。

フォトブックサービスは、デジタルカメラで撮った写真データをもとにオリジナルの写真集を作るサービスで、WEB上での利用や専用ソフトウェアをパソコンにインストールして消費者自らが作成する方法が主流です。そのため、写真現像事業者やWEB上での販売を中心にした専門業者以外は現実問題として収益化が難しい事業領域になっています。シグナルは、かかる領域において多種多様な業態の事業者が比較的に容易に収益化を実現できる仕組みを提供することで新たな事業機会を創出できると考えています。


『おまかせフォトブック』の利用者が、商品を受領するまでの手順は以下の通りです。

1.代理店契約を希望する事業者は、その旨をシグナルに表明し、契約締結することで正規代理店として登録された後、シグナルから販売用キットを提供されます。
2.代理店となった事業者は、販売用キットに同梱されているフォトブックの実物を店頭などに展示、購入希望者は専用の申込書にその場で必要事項を記入します。
3.事業者は当該申込書を『おまかせ!フォトブック』事務局にFAXすることで手続き完了となります。
4.購入希望者が申込書を持ち帰った場合は、自宅から同事務局にFAXすることで手続き完了となります。
5.『おまかせ!フォトブック』事務局は、受け取った注文情報を基に購入者との間で写真の受け取り、決済、商品の受け渡しを実施、商品の受け取りが完了した時点で、手数料が確定します。

『おまかせフォトブック』の利用料金 は、B5サイズ1冊20ページの構成で 3,980円(送料込・税込)となります。決済方法は、代金引換のみ(専用USBお届け時に代金引換決済)となります。


【会社概要】
■株式会社シグナル
会社名 : 株式会社シグナル
住所 : 東京都港区赤坂4-15-1  赤坂ガーデンシティ 18F
設立 : 2005年12月
代表 : 草場 大輔
資本金 : 3,000万円(2011年9月末現在)
URL : リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。