logo

フェイスブック(Facebook)による新卒採用を開始

ヘンケルジャパン株式会社 2012年01月23日 11時40分
From PR TIMES



化学・消費財メーカーのヘンケル社(ドイツ:デュッセルドルフ)の日本法人ヘンケルジャパン株式会社(本社:東京都品川区)では、2013年新卒者についてフェイスブックを積極的に活用した採用を行うことを決定しました。

ヘンケルジャパン株式会社では近年の事業成長に伴い、各事業部内での優秀な人材を幅広い年齢層で確保するため 新卒者の採用を毎年若干名行って参りました。このたび、企業公式フェイスブックページの立上げを期にフェイスブックを利用した2013年新卒採用を積極的に開始することを発表致します。

フェイスブックにより新卒採用を行っている企業は最近増加傾向にありますが、弊社のフェイスブック新卒採用には以下の特徴があります。

1.新卒採用専用ページを作らず企業の公式フェイスブックページを窓口として使用する。これにより学生の方々に採用情報だけに偏らずグローバル企業の事業全体の情報を直接インプットでき、業界におけるヘンケルジャパンの社会的信頼度および知名度を包括的に理解できる。

2.新卒採用のための非公開グループを特設し、このグループを学生とのコミュニケーションに活用。グループ参加者である学生は人事担当だけでなく、若手先輩社員と直接かつ双方向なコミュニケーションが可能となる。グループ内では採用に関する詳細情報の連絡も行う。

■ヘンケルジャパン公式フェイスブックページ 
【URL】 リンク
■ヘンケル新卒採用グループ
【URL】 リンク


【フェイスブック新卒採用決定の背景】 
ヘンケルジャパンでは、新卒者の採用人数が毎年若干名であるため、従来の採用方法では学生間での企業認知度を上げることが難しく、自社のグローバルな事業展開、業界内での確立されたポジションおよびそれらを支える組織構成等を、学生の皆さんに効率的に理解していただくまでに至っていませんでした。そこでフェイスブックの双方向によるコミュニケーションの利点を活かし、学生の方々に事業内容の把握はもとより企業文化やポリシーをご理解いただき、「より具体的にグローバル企業での将来の活躍の場をイメージした形で応募に望んでいただけるようフェイスブックを活用する」という合意に至りました。

ヘンケル社はグローバルではソーシャルメディアによる広報活動、インターン採用の告知などを積極的に行っております。日本における新卒採用においても、今後ますますソーシャルメディアを活用してゆく所存です。

ヘンケルジャパンのヘアケア部門 シュワルツコフプロフェッショナル事業部では開設半年で6500人以上のファンを獲得している人気のブランドフェイスブックページも運営しております。最新のヘアコスメに関するトレンド情報などが取得でき、こちらも併せて学生の方々に企業情報としてご案内して参ります。

【ヘンケルジャパンフェイスブックページ掲載の就活サイト】
下記のソーシャルリクルーティングサイトで本日より弊社フェイスブックページをご案内中です。

ソーシャル就活ナビ リンク


ヘンケルはブランドとテクノロジーのグローバルリーダーとして、ランドリー&ホームエア、コスメティックス/トイレタリーズ、アドヒーシブテクノロジーズ(接着技術)の3つの分野で事業展開をしています。ヘンケルは1876年の創立以来、コンシューマービジネスおよび産業分野において、Persil(ペアジール)、Schwarzkopf(シュワルツコフ)、Loctite(ロックタイト)などに代表される有名なブランドの数々と共に、グローバルにおけるマーケットリーダーとしての地位を維持しています。ヘンケルの従業員数は約50,000人、2009年度の売上高は135億7千3百万ユーロ、調整後の営業利益は13億6千4百万ユーロを計上しました。ヘンケルの優先株はドイツ株式指数DAXのリストに入っており、「フォーチュン世界500社」にランクされています。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。