logo

コーレル、「Corel(R) Painter(TM) 12」のアップデートプログラムを公開

コーレル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 堺 和夫)は2012年1 月13 日(金)、「Corel(R) Painte(TM)r 12」におけるアップデートプログラムを公開いたしました。アップデートプログラムは無償で、コーレルWebサイトよりダウンロードできます。

■対象バージョン:
「Corel(R) Painter(TM) 12」
(体験版、他社製品付属版のアップデータではありません)

■修正/機能追加点:

・新機能 - ブラシのインポート/エクスポート機能が追加されました。
メールやオンライン上へのアップロードによって簡単にブラシ共有ができるようになりました。
・強化機能 - ブラシストロークのライブプレビュー機能が追加されました。
 描点タイプの設定を変更したときに、ストロークが反映され実際の描画イメージの確認が容易になりました。
・新機能 - ブラシバリアントの移動とコピー機能が追加されました。
 新しい自分だけのブラシカテゴリを作成して、よく使うブラシをまとめておくことができるようになりました。
・新機能 - ワークスペースのマネジメント機能を追加
 新規作業領域を自由に作成、削除、置き換えが可能になりました。
・強化機能 - カラーミキサーパレットの機能強化
 RIFF, PSD, JPG, PNG あるいは TIFFをインポートして、カラーミキサーパネルのベースとして使用することができるようになりました。
・新機能 - パネルのドラッグアンドドロップ機能が追加されました。
 カラーなどのタブをまとめることができ、表示領域を節減することが可能になりました。
・新機能 - パネルリサイズ機能を追加
 各パネルをグループ化された状態のままでリサイズができるようになりました
・強化機能 - Photoshop(R) プラグインサポート
 32bitのMac(R)および32bitと64bitのWindows(R)環境向けの、Photoshop(R)のサードパーティプラグインをサポートしました。

<コーレルWebサイトアップデートプログラム ダウンロードページ>
Corel Painter 12 アップデートプログラム
リンク

<プレスリリースページ>
リンク

コーレルについて リンク 

Corel は、世界トップクラスのソフトウェア会社に名を連ねる企業で、世界 75 ヶ国以上 1 億人を超えるアクティブ ユーザーを抱えています。当社は、ユーザーが、よりエキサイティングで創造的かつ説得力のある方法でアイディアを表現し、その構想を共有できるようなソフトウェアを開発しています。長年にわたり、革新的で信頼性が高く簡単に使いこなすことができ、生産性を格段に向上させる製品を提供すると評価されています。ソフトウェアの技術革新、デザイン、そしてバリューを提供するとして高く評価され、数百の業界賞を受けています。
Corel の製品群には、世界で最も人気があり、国際的に広く認知されたブランドである CorelDRAW(R) Graphics Suite、Corel(R) Painter(TM)、Corel DESIGNER(R) Technical Suite、Corel(R) PaintShop(TM) Pro、VideoStudio(R)、MotionStudio 3D(TM)、MovieWriter(TM)、WinDVD(R)、Corel(R) WordPerfect(R) Office、WinZip(R)、Digital Studio(TM) CorelCAD(TM) があります。本社はカナダのオタワにあり、米国、英国、ドイツ、中国、台湾および日本に主な支社があります。
(C) 2011 Corel Corporation. All rights reserved. Corel、Corelロゴ、Corelバルーン、Corel DESIGNER、CorelDRAW、Corel PDF Fusion、DigitalStudio、PaintShop Pro、Painter、VideoStudio、MotionStudio 3D、CorelCAD、MovieWriter、WordPerfect、WinDVD、WinZip および Corel のロゴは Corel Corporation および/またはその関連会社の商標または登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。
ここに記載されるすべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。

本リリースの内容は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。