logo

~エムティーアイが多彩な着信音を海外40カ国へ~ iPhone向けに4種類の着信音アプリを提供開始!



~エムティーアイが多彩な着信音を海外40カ国へ~
iPhone向けに4種類の着信音アプリを提供開始!

(株)エムティーアイは、iPhone向けに多彩な着信音をパッケージ化したアプリの提供を、1月11日(水)より国内へ向けて、1月17日(火)より海外40カ国へ向けて開始します。
提供するアプリは、海外向け英語版の『Ringtone HQ(リングトーン エイチキュー)』、中国向け中国語版の『高音質鈴声(高音質着信音)』、国内向けの『かんたん!着信音』『男の着信音』の4つです。いずれも、メールや電話、アラームなどに、好みの着信音を選んで設定できます。
当社では、『music.jp』などの音楽配信事業で培ったノウハウを生かし、着信音利用が活発ではない海外へ向けてもさまざまな着信音が楽しめる環境を提供し、その需要を引き出していきます。

◆iPhoneユーザーも便利な着信音サービスを利用したい!
携帯電話の着信音設定は、日本では欠かせない存在となり、スマートフォンでも、その機能は広く利用されていますが、iPhoneでは、搭載しているOSの仕様で電話着信音以外の設定をすることができませんでした。
しかし、今回iOS5へのバージョンアップで、メール・アラームなど色々な音のカスタム設定が可能となり、着信音の需要がiPhoneでも一気に高まっています。
そこで当社ではiPhoneユーザーにも手軽にさまざまな着信音を楽しんでもらいたいと願い、Android向けの着信音アプリに続き、iPhoneでもサービスを開始することになりました。

◆世界中の携帯電話に日本品質の着信音を!
日本では端末の独自進化にあわせて着信音の品質も向上し、幅広く普及してきました。今後はスマートフォンの台頭により、世界中で日本品質の着信音利用の機会が増えると考えられます。
そこで当社では、海外向けの着信音アプリ『Ringtone HQ』・中国向け着信音アプリ『高音質鈴声』を提供します。電子音などの一般的な着信音のほかに、「雅楽」「お寺の鐘の音」「拍子木、鼓の音」など、日本文化を感じさせる着信音も提供しているので、海外のユーザーにも興味を持って楽しんでもらえます。


≪海外向け着信音アプリ≫
サービス名:Ringtone HQ
サイト概要:世界約40カ国で利用できるiPhone向け着信音アプリ。
さまざまな効果音や着信ボイスを、iPhone向けに調整した高い音質で提供します。「芸者・侍の着ボイス」や「雅楽」「お寺の鐘の音」「拍子木、鼓の音」など、日本ならではの着信音も数多く提供します。(内蔵楽曲数:約170)
提供国:アメリカ、ヨーロッパ(イギリス・フランス・ドイツetc.)、アジア(韓国・インド・シンガポールetc.)、オーストラリアなど40カ国
言語:英語
アプリ価格(税込):0.99ドル *すべての着信音を利用できます。
アクセス方法:AppStoreで「Ringtone HQ」で検索

≪中国向け着信音アプリ≫
サービス名:高音質鈴声
サイト概要:iPhone向け中国語版着信音アプリ。
さまざまな効果音や着信ボイスを、iPhone向けに調整した高い音質で提供します。「芸者・侍の着ボイス」や「雅楽」「お寺の鐘の音」「拍子木、鼓の音」など、日本ならではの着信音も数多く提供します。(内蔵楽曲数:約170)
提供国:中国
言語:中国語
アプリ価格(税込):6.00元 *すべての着信音を利用できます。
アクセス方法:AppStoreで「高音質鈴声」で検索

≪国内向け着信音アプリ≫
サービス名:かんたん!着信音
サイト概要:「iPhoneの着信音をもっと自分らしくしたい!」そんなユーザーのための着信音アプリ。
汎用性の高い着信音・通知音の他、聞いているだけ癒される「さざ波」「川のせせらぎ音」「緊張がほぐれるメロディ」などのヒーリング系から、おなじみの有名クラシック曲をオルゴール音で奏でた着信音まで、高音質な着信音をパッケージ化。幅広いユーザーにご利用頂けます。(内蔵楽曲数数:約110)
アプリ価格(税込):85円 *すべての着信音を利用できます。
アクセス方法:AppStoreで「かんたん!着信音、MTI」で検索
 もしくは、リンク

サービス名:男の着信音
サイト概要:「使っているとカッコイイ!」「聴くだけで面白い!」がコンセプトのiPhone向け着信音アプリ。
ギター音やドラムロール音から、メイドボイスなどのオモシロ系まで、男性向けのさまざまな着信音が内蔵されています。(内蔵楽曲数:約120)
アプリ価格(税込):85円 *すべての着信音を利用できます。
アクセス方法:AppStoreで「男の着信音」で検索
 もしくは、リンク


※『高音質鈴声』の実際の提供名称は簡体字での表記となります。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。