logo

セミナー動画追加のお知らせ~バイナリーオプション「HIGH・LOW」、自動取引サービス「オートFX」、メタトレーダーFX取引サービス「FXTF MT4」~

株式会社FXトレード・フィナンシャル 2012年01月10日 11時14分
From PR TIMES



株式会社FXトレード・フィナンシャル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鶴 泰治、以下FXトレード・フィナンシャル)は、2012年1月6日(金)にセミナー情報ページに下記のセミナー動画を追加しました。

・バイナリーオプション「HIGH・LOW」
 タイトル:「バイナリーオプションHIGH・LOWとは」
・自動取引サービス「オートFX」
 タイトル:「敗者復活のためのオートFX運用テクニック(少額資金編)」
・メタトレーダーFX取引サービス「FXTF MT4」
 タイトル:「エキスパートラウンジの有料EA、無料EAの使い方」

セミナー情報ページURL:リンク

過去のセミナーも合わせて、セミナー動画は全て無料でご覧いただけます。
ご興味のある方はこの機会にぜひご覧ください。

●当社主催のセミナーについて
※本コンテンツにて紹介するセミナーは、FXトレード・フィナンシャルが主催するセミナーです。本セミナーでは、ご参加いただいたお客様に外国為替証拠金取引の紹介・説明をさせていただきますので、あらかじめご了承ください。また本セミナーは、投資判断の参考となる情報の提供を目的として開催するもので、投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。

■バイナリーオプション「HIGH・LOW」とは
ある一定の時刻の為替レートが現在の為替レートより、例えば米ドル/日本円(USD/JPY)なら、ドル高円安予想で『HIGH』・ドル安円高予想で『LOW』を選ぶだけのとてもわかりやすい商品です。
リンク

■FX自動取引サービス「オートFX」とは
24時間自動で選択したストラテジーが売買を行うFX自動売買サービスです。搭載されているストラテジーは、Tradency Inc.(本社:イスラエル、以下トレーデンシー社)が世界中の著名なストラテジープロバイダーを集め、その中から運用成績の良いものだけを審査して合格したもののみ。常時、採用・非採用の見直しも行われている。その300種以上ものストラテジー(投資戦略)から設定するだけなので、ご自身でプログラムを開発する必要はなく、初心者の方にも簡単に無料でご利用頂けます。
リンク

■FX取引サービス「FXTF MT4」とは
世界中で利用されているMetaTrader4を採用した取引サービスです。オリジナルのツールやスクリプト搭載、投資顧問会社インディ・パ株式会社と提携してFXTF MT4のビギナー向け情報サイト「エキスパートラウンジ」や裁量トレーダーのための取引拡張ツール「MT4i」もご用意しており、MT4初心者や裁量トレーダーにもご利用していただくことができます。
リンク

■□■会社概要
株式会社FXトレード・フィナンシャル
(FXTrade Financial Co., Ltd.)
〒108-0014 東京都港区芝5-31-16 YCCビル7F
株主資本:7億1千万円 (2011年12月12日現在)
代表電話番号:03-3769-1055
FAX:03-3769-1080
リンク

■□■本リリースにおけるお問い合わせ
株式会社FXトレード・フィナンシャル
support@fxtrade.co.jp
代表電話番号:03-3769-1055
FAX:03-3769-1080

【金融商品取引業者登録番号】 関東財務局長(金商)第258号
【加入団体】社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570
【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されます。
外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
相場状況の急変により、ビッド価格(お客様の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。