logo

「7notes with mazec (J) for Android」のキャンペーンを実施

2011年12月27日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが、「7notes with mazec (J) for Android」のキャンペーンを実施

~「新年だ!スタートダッシュ! キャンペーン」により、新年からのスタートダッシュを応援~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)では、2011年12月27日(火)から2012年1月10日(火)の15日間、「新年だ!スタートダッシュ! キャンペーン」を実施します。

本キャンペーンでは、新年を迎えるにあたり、スマートフォンを用いて自らの仕事をより効率的にしたい方や、様々な人たちとのコミュニケーションをより密に行いたいと考えている方を支援する目的で、「7notes with mazec (J) for Android」製品版を通常の980円から50%OFFの490円で販売するほか、体験版の無償利用期間を10日間から30日に延長してご提供します。

MetaMoJiでは、誰もが使える手書き入力アプリケーションの最高峰である『7notes with mazec』をよりお求め安い価格、より体験しやすい期間で提供することにより、新年からのスタートダッシュを応援します。また今後もアプリケーションの提供や各種施策の実施を通じて、皆様のチャレンジを支援してまいります。

■キャンペーン概要
・名称 : 「新年だ!スタートダッシュ! キャンペーン」
・期間 : 12月27日(火)~1月10日(火)の15日間
・セール価格(製品版)
「7notes with mazec (J) for Android」製品版を980円 → 490円(50%off) で販売
・体験期間延長(体験版)
「7notes with mazec (J) for Android」体験版を10日間 → 30日間利用可能に

■7notes with mazec (J) for Android製品概要
手書き入力IME「mazec」と併せて使うことで、「後から変換」や「手書き混在文書」など、他アプリでは実現が難しい機能を、易しいUIにて提供いたします。また、手書き混在文書をメールやTwitter、Facebookにポストする機能も備えています。

(1)iOS版で最高の評価をいただいている手書き文字認識システム「mazec」を搭載
高い手書き文字認識変換精度とスピード、ひらがな漢字交じり入力もOKの「mazec」が、iOS版と変わらぬ機能で搭載されます。

(2)Android版mazecは、手書きIMEとして多様なアプリ上での利用が可能
Android版mazecでは、手書きIMEとして動作しますので、e-mail やブラウザ、その他多くのアプリケーションで手書き日本語入力が可能となります。また、Andoridならではの機能であるマッシュルームにも対応しており、多彩なマッシュルームアプリとの連携も可能です。

(3)iOS版で最も人気の高い機能「後から変換」を搭載
手書きメモアプリ7notesとmazecを使うことで、iPad/iPhone版7notesで最も人気の高い機能「後から変換」を使うことができます。 「後から変換」は、一旦手書き文字のまま入力された文書を、好きなタイミングでテキスト文字に「後から変換」することができる機能です。また、手書き文字をそのままメールやTwitter、Facebookにポストすることも可能です。

■インストール条件
OS:Android2.1以降(Android3.xを含みます)
上記条件は、全ての機種での動作を保証するものではありません。
MetaMoJiでの動作確認機種の最新情報は、以下のページをご参照ください。
リンク

■製品紹介ページなどのご紹介
 「7notes with mazec (J) for Android」に関する情報は、以下のサイトにて提供いたします。
●「7notes with mazec (J) for Android」製品紹介ページ
リンク
 こちらには、本製品の最新情報や製品紹介動画、FAQなど、多彩な情報を用意しています。
●Twitter公式アカウント @androidmazecj
お客様との密接なコミュニケーションは、上記アカウント+ハッシュタグ「#mazecan」にて行っています。ここから日々の最新情報の発信を行っています。

■手書き入力方式「mazec」 について
キーボードを前提としたこれまでのPCに比べ、より洗練されたタッチスクリーンとインターフェースを持つタッチパネルデバイスを持つスマートフォンでは、人間とコンピュータの間の距離をもっと縮めることができると考えられます。従来の日本語入力は事実上、キーボードを使ったかな漢字変換しか存在しておりませんでしたが、MetaMoJiでは、タッチパネルデバイスの特性を最大限に生かした、新しい手書き入力方式 「mazec」 を開発しました。キーボードでのかな漢字変換入力の普及により、漢字を書くことが苦手な人が増えてしまった現代社会に適合した変換処理を「mazec」では実現し、 より多くの人々や多様なシーンで、ストレスの少ない「日本語入力」が実現しました。

「mazec」には、漢字の認識と合わせ、画数が多い漢字や思い出せない漢字は詠みをひらがなで書くことで、容易に日本語が入力できる「交ぜ書き変換入力」機能があります。 例えば、「会議」と入力する場合、「会議」、「かいぎ」、「会ぎ」、「かい議」のように、いかように書いても、「会議」と入力することが可能となり、誰でも使える、手書き日本語入力環境を実現しております。

■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク






プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。