logo

ケイティケイ株式会社、メールの誤送信防止に役立つ、自動暗号・フィルタリングサービス 「@Securemail +Filter」をリリース

企業のメール利用に対するニーズは、従来のセキュリティに加え、コンプライアンスや内部統制など多様なニーズに拡大しつつあります。特に従業員数の多い中堅~大手企業においては、メールの利用ポリシーを徹底させることは非常に難しい問題となり、メールによる情報漏えい事故を引き起こす原因となります。

今回提供を開始するサービスは、送信するメールをゲートウェイとして監視する役割を持ち、メールの一時保留による誤送信の防止、メール内容の第三者による確認/承認、添付ファイルの自動暗号化、宛先のBcc化など、ユーザに意識をさせないメール利用ポリシーの徹底を可能にします。

また、東日本大震災以降、事業継続計画(BCP:Business Continuity Planning )の策定やDR( Disaster Recovery:災害復旧 )対策の重要性が見直されつつあります。災害やサーバ障害に備えた投資は必要不可欠ですが、中堅・中小企業にとってDR対策の導入はコスト面、運用面ともにハードルが高く導入が進んでいません。「@Securemail」は関東、関西2拠点のデータセンターに構築されたクラウドサービスであり、本サービスの導入により事業継続リスクの排除にも貢献します。


【@Securemailサービスサイト:リンク 】

≪「@Securemail +Filter」の特長≫
1. 自動暗号化機能、誤送信防止機能

送信されるメールに企業ポリシーに応じたフィルタリングにより、メールの一時保留、添付ファイルの暗号化、第三者による確認/承認、宛先のBcc化、を自動的に行います。一時保留されたメールを自分で確認することや、上長による承認を行う事で、誤送信防止や情報漏洩のリスクを低減します。

2. クラウド型サービスによる高い可用性

関東・関西2拠点に構築されたクラウド型サービスの為、有事の際にもメールの利用が停止するリスクが大幅に低減できます。

3. 必要に応じた柔軟な組み合わせが可能

メールサーバ自体のアウトソーシングに加え、自社保有メールサーバからの転送など、多様な形態での利用が可能です。暗号化機能とメールのアーカイブ保存サービスとの共存など、実際の運用を考慮した設計により様々な企業における導入を可能にします。

≪クラウド型メールセキュリティサービス「@Securemail」について≫
当社が提供するクラウド基盤上に構築されたメールに特化したクラウドサービスです。
メールボックスの他、ウィルス/スパムチェック、アーカイブ保存、電子署名付与、S/MIME暗号化など、広範囲なセキュリティオプションを用意し、企業におけるメール運用の機密性、完全性、可用性を高めます。また、ハウジングやプライベートクラウド、パブリッククラウドと連携させたハイブリッドサービスの提供など、大手クラウドベンダーには実現が困難な柔軟なサービスの提供を行っています。

◆本文に記載されている会社名、商品名、サービス名は各社の登録商標または商標です。


<ケイティケイ株式会社について>
トータルオフィスサプライヤーとして、レーザプリンタ、リサイクル品、OAサプライ商品、IT商品等のオフィス関連商品の販売を事業としており、事業の柱のひとつとしてソリューション事業の拡大を図っております。なかでもホスティングサーバやメールセキュリティ(ホスティング)はサービスおよびサポートの充実を目指し、付加価値の高いサービスを展開しています。
詳細はリンクをご参照下さい。

<株式会社オレンジソフトについて>
1994年にPOP3をサポートしたWindows対応メーラーアプリ「Winbiff」の開発・販売以来、WEBメール「xgate」やメール誤送信対策アプライアンス「safeAttach」など電子メール専業企業として電子メールの利便性の向上と、安心と信頼を提供できる製品の開発・販売を行っています。


<本件に関するお問い合せ先>
ケイティケイ株式会社 〒461-0001 名古屋市東区泉二丁目3番3号
ソリューション事業部
TEL:(052)979-8886 E-mail:info@securemail-asp.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事