logo

【復旧事例公開】5年連続復旧実績日本NO.1の日本データテクノロジーが、ホームページ上にて最新のデータ復旧事例を掲載

OGID株式会社 2011年12月15日 09時39分
From PR TIMES



5年連続復旧実績日本No.1の日本データテクノロジー(OGID株式会社、代表取締役:野口誠)が運営するホームページ『データ復旧.com』にて、データ復旧の最新事例を掲載。
「RAID構成が複雑なhp製サーバーからデータ復旧成功」がUPされました。


『データ復旧.com』
リンク

『データ復旧.comスマートフォン専用サイト』
リンク






近年、益々データの重要性が高まり、データ消失のリスクを低減させることへの関心も高まりつつあります。
データ消失のリスクを低減させるために各企業ではRAID機器の運用も主流になりつつあります。

RAIDとは、複数のハードディスクを組み合わせて1台のハードディスクとして管理・運用する技術であり、
複数台のディスクドライブを使用しデータを分散して記録するため、高速化や安全性の向上が図れる優れた装置です。

しかし、RAIDと言えども絶対に故障しないわけではありません。
一般的にハードディスクは消耗品であると言われています。
経年劣化で故障したり、使用環境や災害等によりデータを失うことが少なくはありません。
また、本来の目的として、RAIDには膨大なデータが保存されているため、一度壊れてしまったらその被害は甚大なものとなります。

そのため、【データ復旧.com】では社内でRAIDを管理・運用しているという方へ、RAID機器が壊れた際の状況と対処方法をRAID復旧事例として掲載致しました。常日頃からのRAIDやハードディスクに関連する情報を収集することで対処方法を学び、トラブル時に少しでもデータ消失のリスクが軽減できればと思います。

是非、下記リンクよりご覧に下さいませ。



『データ復旧.com』
リンク

『データ復旧.comスマートフォン専用サイト』
リンク






日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において2010年度まで5年連続でご依頼件数1位となっております。
データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなっております。
我々は、『1秒でも早く、1つでも多くのデータを復旧する』ことを使命に
日々、技術の向上に邁進しており、これからも、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長してまいります。
リンク


【日本データテクノロジーについて】
OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2010年度復旧実績NO.1(東京商工リサーチ株式会社 調べ)
2006年から2010年度まで5年連続復旧実績No.1のデータ復旧会社。

平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、1秒でも早く復旧する為に日本データテクノロジーは、復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。