logo

レコチョクが“FUNKY MONKEY BABYS名曲ランキング”を発表!泣き歌部門1位は「あとひとつ」、アゲうた部門1位は「ちっぽけな勇気」に決定



 株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤裕一)は、本日12月14日(水)、ユーザー投票による“FUNKY MONKEY BABYS 名曲ランキング”を発表しました。
これは、12月21日(水)発売のFUNKY MONKEY BABYSニューアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ4』収録曲より、日産自動車『日産セレナ』CMソング「悲しみなんて笑い飛ばせ」、LIXILスマイルエコキャンペーンCMソング「未来の君へ」と「八王子純愛物語」3曲が本日よりレコチョク独占先行配信スタートしたのに合わせ「レコチョク 音楽情報」サイトで実施したユーザ投票により決定したものです。

“泣き歌部門”で最も票を集めたのは、2010年8月4日発売の14thシングル「あとひとつ」。
「部活でつらいときにこの曲を聞いて毎回泣いていた。でも泣き終わった後に頑張ろうって思えた」(18歳・女性)
「つらくなって諦めてしまいそうになるとき、あと少しだけ頑張ればその先には必ず希望があることをこの曲が教えてくれました」(17歳・女性)
など、部活動や勉強などでなかなか結果が出ず辛い思いをするなか、この曲を聞いて元気や希望をもらえた、との意見が多く寄せられました。

また、「東日本大震災で何日も停電しやっとついたTVで歌っていた。当時まだ行方不明だった友人がいて、"僕も信じてるから君も諦めないでいて"という歌詞がピッタリすぎて泣きながら聴いたのを思いだす」(30歳・女性)
「震災後に放送したミュージックステーションで加藤さんが涙まじりに歌っていて、今まで以上に心に響いた。まだ頑張れるって思えた」(26歳・女性)
など、東日本大震災の際に生きる勇気をもらったとの声も多く寄せられました。

“アゲうた部門”で最も票を集めたのは、2007年5月23日発売の5thシングル「ちっぽけな勇気」。
「落ち込んだり悩んだときなど聴くと、よくよく考えれば自分の悩みは小さいなと思って気持ちを改めるため、また元気を出すためにこの曲を聴きます」(18歳・女性)
「この曲を聴くと、元気がない時は前向きになれるし、気分がいい時はさらにパワーアップしそうな気持ちになれるから」(34歳・女性)
など自分の気持ちを高める為にこの曲を聴いているとの意見が多くみられました。

----------------------------------
FUNKY MONKEY BABYS 名曲ランキング
----------------------------------
■ファンモンBEST泣き歌TOP3
1位:あとひとつ
2位:もう君がいない
3位:大丈夫だよ

■ファンモンBESTアゲうたTOP3
1位:ちっぽけな勇気
2位:希望の唄
3位:One

※「レコチョク 音楽情報」ではそれぞれ5位まで公開しています。
サイトURL:リンク (携帯のみ)

■投票の概要
 - 投票実施サイト:レコチョク 音楽情報(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)
 - 投票実施期間:2011/11/21(月)~12/7(水)
 - 投票件数:1,380
 


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事