logo

電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」 『TokyoWalker』等 エリア&エンタメ情報誌6誌の電子版 配信 12月9日 隔週刊誌4誌を配信開始!



角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて、株式会社角川マガジンズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:太田修)が発行する『TokyoWalker』(東京ウォーカー)を始めとした、エリア&エンタメ情報誌6誌の電子版を配信いたします。まずは、隔週で発行されている4誌の配信を12月9日に開始します。

スマートフォン・タブレット(iOS・Android端末)向け電子書籍アプリケーションとして展開中の「BOOK☆WALKER」では、デジタルコミック誌・文芸誌をサービス開始当初(2010年12月)より配信してきましたが、秋以降ゲーム情報誌の配信を開始するなど、電子雑誌のラインナップの充実に努めてまいりました。
この度、20年以上“最新のブーム情報”を発信してきた『TokyoWalker』等エリア&エンタメ情報誌6誌を電子書籍化し、「BOOK☆WALKER」で配信いたします。電子版の配信は、年末年始を除き、紙の本誌発売から3日以内に行います。価格は、350円(税込)予定です。9日配信号では“クリスマス特集”を掲載。スマートフォンやタブレットで雑誌を読みながら、今年のクリスマスを存分にお楽しみいただくことができます。(※一部記事については掲載されないことがあります。)

◆12月9日(金)配信開始タイトル
『TokyoWalker』、『YokohamaWalker』、『TokaiWalker』、『KansaiWalker』(隔週刊誌)

◆12月22日(木)配信開始タイトル(予定)
『TokyoWalker』、『YokohamaWalker』、『TokaiWalker』、『KansaiWalker』(隔週刊誌)
『北海道Walker』、『福岡Walker』(月刊誌)

「BOOK☆WALKER」とは: 
iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けの角川グループ直営電子書籍配信プラットフォーム。現在は、ストア・ビューア一体型アプリケーションとして、公開されています。ライトノベル、コミック、文芸、新書を中心とした角川グループが持つ豊富な作品を、約3,000タイトル電子化し、販売を行っています。
近日中にPC版の公開を予定しており、これまで以上に多くの作品を配信するほか、ニコニコ静画等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスを順次公開し、サービスを拡充させてまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。