logo

【日本エイサー】23型フルHD薄型パネル搭載モデル「S235HLbii」「S230HLCbii」 12月9日より順次販売開始



=========================================================
日本エイサー
23型フルHD薄型パネル搭載モデル「S235HLbii」「S230HLCbii」
12月9日より順次販売開始
=========================================================

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、acer(R) ブランドの23型ワイドフルHD薄型パネル搭載モデル「S235HLbii」「S230HLCbii」を、2011年12月9日(金)より全国量販店にて順次販売を開始いたします。

<S235HLbiiの製品特長>

■デザイン性を引き立たせる薄型パネルユニット搭載
最薄部 約15mmの一枚板のような薄型パネルユニットを搭載し、
デザイン性を高めています。
23型フルHD対応で、大画面・高解像度・高画質な映像を堪能できます。

■多様な利用シーンに対応するインターフェース
HDMI(TM)入力端子を2基搭載し、パソコンだけでなく、HDMI(TM)端子搭載の
再生機器や、家庭用ゲーム機器など、様々な周辺機器を接続して利用
できます。音声出力(ヘッドホン)端子を搭載し、市販の外付けスピーカーや
ヘッドホンを接続して臨場感溢れる視聴が可能になります。

■台座部分に各種制御ボタン・インターフェースを集約
デザイン性を追及し、台座上面に各種制御ボタン、背面にインターフェースを配置しました。
ケーブルの取り回しも容易になり、すっきり配置することが可能です。
複数の機器を接続しても、台座上面に配置した「入力切替ボタン」で、簡単に画面を切り替え可能です。

■白色LEDバックライトを採用した高性能 エコディスプレイ
白色LEDバックライトと、エイサーACM テクノロジーの相乗効果により、驚愕の高コントラスト比1億:1(最大)を実現。無水銀化ユニットで環境に配慮し、高性能ながら消費電力を抑えたエコディスプレイです。

<S230HLCbiiの製品特長>

■超薄型パネルユニット採用で、取り回しが簡単に
最薄部 約12.9mmの超薄型パネルユニットを搭載。
23型フルHD対応大画面を搭載しながら、本体質量 約2.4kgで
取り回しも簡単です。

■多様な利用シーンに対応するインターフェース
HDMI(TM)入力端子を2基搭載し、パソコンだけでなく、HDMI(TM)端子搭載の
再生機器や、家庭用ゲーム機器など、様々な周辺機器を接続して利用
できます。音声出力(ヘッドホン)端子を搭載し、市販の外付けスピーカーや
ヘッドホンを接続して臨場感溢れる視聴が可能になります。

■豊富な入力系統を使いこなす「入力切替ボタン」を搭載
HDMI(TM)入力端子×2、アナログ(ミニD-sub15ピン)入力端子×1の
計3端子を搭載。複数の機器を接続しても、右下面の「入力切替ボタン」で、容易に画面を切り替え可能です。

■3段階調節が可能な「超解像テクノロジー」搭載
低解像度のコンテンツを、くっきり表示させる「超解像テクノロジー」を搭載。
解像度の調節も3段階で選択することが出来るので、より見やすい表示に合わせることが出来ます。

■白色LEDバックライトを採用した高性能 エコディスプレイ
白色LEDバックライトと、エイサーACM テクノロジーの相乗効果により、驚愕の高コントラスト比1億:1(最大)を実現。無水銀化ユニットで環境に配慮し、高性能ながら消費電力を抑えたエコディスプレイです。


■Acerについて
エイサーは1976年の設立以来、全世界でIT製品を販売し、絶えず人と技術の間の障壁を取り除くという目標を追求してきました。インダイレクトセールスを展開する「チャネルビジネス」モデルは、エイサーが継続的に成長するために有効な手段となっています。また、ゲートウェイとパッカード・ベルとの合併により、米国ではその存在を強化し、欧州ではより強い立場を築き、グローバル展開に必要な体制を構築させました。
エイサーは2010年のバンクーバーオリンピックを皮切りに、オリンピックのオフィシャル・ワールドワイドスポンサーになりました。2012年のロンドンオリンピックでは、コンピューター関連インフラと技術者を提供し、準備から運営までを徹底的に支えています。


■販売元:日本エイサー株式会社について
□商号:日本エイサー株式会社
□所在地:東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビルディング 18F
□代表者:代表取締役社長 ボブ・セン
□設立:1988年2月
□資本金:2億円
□事業内容:パーソナルコンピュータ、周辺機器、電子機器類、及び
      データ通信機器類等のハイテク用品卸販売
□URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。