logo

カード会員様向けASPサービス 「BLUEBIRD」の提供を開始

~カード会員様に対するWebを活用したサービス向上、コスト削減、リボ残高の拡大を低価格で実現~

株式会社エクサ(本社:神奈川県川崎市幸区、代表取締役 社長執行役員:塚本 明人、以下 
エクサ)は、カード会員様向けのASPサービス「BLUEBIRD(ブルーバード)」(注1)の提供
を開始することを、本日発表致します。

「BLUEBIRD」は、大きな投資を必要とせず、且つ、カード会員様へのサービス向上を実現で
きる手段です。
また同時に、カード会社様の業務効率化・コスト削減、リボ残高の拡大に寄与します。
カード会社様には、請求・利用明細照会、ポイント照会、リボ切替など、必要なサービスを
選択してご利用いただけます。(注2)
料金は、本サービスに登録いただいたID数による課金体系ですが、サービス開始前には登録
ID数の予測が難しい、というお客様の声を反映し、サービス開始時の費用を抑える価格体系
となっております。(注3)

さらに、新規カード入会申込や個品割賦申込などのサービスもご提供可能です。


クレジット業界は、先般の貸金上限金利の引下げや総量規制等の法改正を主要因とし、大幅な
収入・収益減となりました。
そうした中、お客様へのサービスレベルは維持・向上をしつつ、クレジット業務にかかるコスト
をいっそう低減することがクレジット業界にとって重要な課題となっています。
また、クレジット業界では、比較的堅調なショッピング市場をターゲットに、ショッピング収益
の拡大に向けリボ・分割残高の拡大を目指していると認識しております。
「BLUEBIRD」は、カード会員様のサービス向上により満足度を高めることはもちろん、カード
会社様にとっても業務効率化・コスト削減策に寄与する(1)ご利用明細の郵送停止の受付、
(2)Webでの属性変更受付による業務負荷削減 や、(3)リボ払いへの切替によるリボ残高
の拡大 を可能とします。

エクサでは、アウトソーシングサービスであるシェアリング型クレジット基幹システム「UCAS+」
(注4)も展開しており、今回「BLUEBIRD」をASPサービスで提供することで、カード会員様向け
のサービスから基幹システムまで、カード会社様にとって重要な業務を幅広くご提供可能になり
ました。カード会社様は、エクサの総合的なサービスを利用することで、トータルコストを削減
できると共に、戦略実現に向けた立案から実行までをスピーディーに実現していただけます。

■「BLUEBIRD」のカード会員様向けサービス 
リンク

*カード会社様向けの業務担当者用サービスもご用意しています。

(注1)
「BLUEBIRD(ブルーバード)」(ロゴ含む)は、登録商標です。

(注2)
ご提供機能は「基本機能」(必須)と「選択機能」(オプション)から構成されます。

(注3)
ご導入時には、初期導入料金を申し受けます。
サービス開始後の月額料金は、固定料金と、登録ID数に応じた料金の合算となります。選択機能
により、金額は異なります。

(注4)
「UCAS+」は、(1)クレジット基幹システムとして豊富な実績をもつ「UCAS」と、(2)FEPとして
数多くのクレジットシステムに採用されているカードネットワークソフトウェア「NET+1」に
よって構成されています。エクサは、この「UCAS+」の運用をシェアリング型のアウトソーシング
サービスとして提供します。それによって、「UCAS+」のお客様はクレジットシステムを短期間で
構築するとともに、運用コストの低減を図ることが可能となります。

■カード会員様向けASPサービス 「BLUEBIRD」ホームページ
  リンク

【株式会社エクサの概要】
設立年月日 :1987年10月1日
資本金 :1,250百万円
エクサは、日本アイ・ビー・エム株式会社とJFEスチール株式会社の合弁出資による情報シス
テム開発会社で、ビジネス系、エンジニアリング系、ITインフラ系等をベースとする統合型ソ
リューションプロバイダーです。エクサは、情報システムのコンサルティング、システム構築、
運用までの各種サービスを統合的に提供しています。 
ホームページ: リンク

*UCASは、株式会社ユーキャスサービスの登録商標です。
*NET+1は、株式会社インテリジェントウェイブにて開発されたソフトウェアです。
*プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表
日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事