logo

パナソニックの電子書籍タブレット端末向けにeBookJapanが電子書籍サービスを開始



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉)は、11月29日よりパナソニック株式会社(以下パナソニック)の電子書籍タブレット「UT-PB1」(以下電子書籍タブレット)向けに電子書籍サービスを開始します。

パナソニックの電子書籍タブレットは、お出かけの際も、仕事の場面でも、自宅でくつろぐ時も、「楽しく便利に」使えることをコンセプトとして開発された7型タブレット端末で、今年8月にRaboo(楽天の電子書籍サービス)のコンテンツを利用できる端末としてスタートしました。
この度、当社はスマートフォン・タブレット端末向けで業界最大規模の約5万冊をラインナップしているeBookJapanのサービスを電子書籍タブレットに向けて提供し、お客様がより「楽しく便利に」使えるように拡張するとともに、電子書籍市場の活性化を図って参ります。
これに対応してパナソニックは、eBookJapanの電子書籍を楽しむためのebiリーダーを電子書籍タブレットにプリインストールして出荷します。また、すでに電子書籍タブレットをご利用のお客様に対しても11月29日からファームウェアの更新によりebiリーダーを提供します。電子書籍タブレットのお客様は、ebiリーダーを利用することでコミックを中心としたeBookJapanの豊富な電子書籍をお楽しみいただけるようになります。

  電子書籍タブレットの詳細はこちら リンク


※画像(1)パナソニックの電子書籍タブレット「UT-PB1」の世界
※画像(2)電子書籍タブレット「UT-PB1」での、eBookJapanの電子書籍の読書の様子 (C)Mikiya Mochizuki /W7/Web Magazine KATANA


■eBookJapanの主な特長

<世界最大級の電子コミック保有数>
コミックを中心に約52,000冊(※1)の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※2)に対応し、オフラインでも楽しめます。

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、当社がお客様用に提供するWeb上の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。
※1 Android向けは、約5万冊
※2 Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。