logo

ライブドアとぐるなびが提携し、「ロケタッチ」に飲食店情報を提供

飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:久保征一郎 以下ぐるなび)と、位置情報共有サービス「ロケタッチ」を運営する株式会社ライブドア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤剛 以下ライブドア)は、顧客情報をベースにしたダイレクトマーケティング領域において、提携いたしました。

「ロケタッチ」は、2010年7月のサービス提供開始以来、国内におけるジオメディアサービスの草分けとして、現在約8万人のユーザーにご利用いただき、さらにユーザー数を伸ばしています。2011年10月には店舗側が管理ツールとして利用できる「ロケタッチオーナーズ」も提供開始し、ソーシャル時代のマーケティングツールとして、現在利用店舗は600店舗を超えています。

回の提携では、「ロケタッチ」の持つユーザーの行動履歴データと、「ぐるなび」の持つ正確かつリアルタイムな飲食店情報を元に、利用者に利便性の高い飲食情報を提供することを目指します。まず第1弾として、「ぐるなび」の店舗データと「ロケタッチ」の店舗データの紐付けを行い、「ロケタッチ」の店舗ページから、「ぐるなび」の持つメニューやクーポン等の飲食店情報への導線を設けます(既にPCサイト、スマートフォンサイト、モバイルサイトでは実施済み。iPhoneアプリ、Androidアプリは11月末リリース予定)。これにより、ロケタッチユーザーが飲食店についての正確かつリアルタイムな情報を取得できるようにします。
さらに、ぐるなびが持つ店舗営業力の協力を得て、飲食店への「ロケタッチオーナーズ」の導入支援も実施いたします。両社はこれらの取り組みを通じ、位置情報という新しい手法を用いた飲食店のダイレクトマーケティングの可能性を検証し、飲食店の活性化や収益増につながる施策を展開してまいります。
 
 「ロケタッチ」と「ぐるなび」は今回の提携を通して、両社の持つアセットを最大限に生かし、店舗オーナー、利用ユーザー相互に利便性や利益をもたらす事業展開に注力していきます。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事