logo

TeamViewer7のベータ版を提供開始

TeamViewer GmbH 2011年11月16日 15時43分
From PR TIMES



リモートコントロール・ソリューションとオンラインプレゼンテーションのスペシャリストであるTeamViewer GmbH(本社:ドイツ)は、TeamViewer7のベータ版を11月15日より提供開始致します。TeamViewer7 ベータ版は、新機能を備えたオンラインミーティングとリモートコントロールを可能にするオールインワンソリューションです。現在、世界中の何百万台ものコンピュータ上で利用されているリモートアクセスとコントロールソフトウェアに備わっている数多くの利点に加え、TeamViewer7ベータ版は、最大25名の参加者が最も簡単な方法でオンラインミーティングを行うことのできる、より充実したミーティングソリューションを提供致します。

TeamViewer 7ベータ版では、Microsoft Outlookの会議招待メールを利用して事前にミーティングの予定を組んでおくことも、ワンクリックで簡単にミーティングを開始することも可能です。通信機能の進歩により、参加者たちはまるで同じ部屋の中でひとつのスクリーンを共有しているかのようにミーティングを行うことができるようになりました。ユーザーは、閲覧、視聴、チャット、ホワイトボードの使用や新しいファイルボックスを使うスムーズなファイルのシェアなどの機能を、すべての参加者たちとインタラクティブに利用することができます。ホストはミーティングセッションを一時停止、停止または記録することができ、それをAVIファイルに変換することも可能です。また、参加者はスマートフォン、タブレット端末やコンピュータから出席でき、ワンクリックでミーティングに接続できるURLを載せたEメールやMicrosoft Outlookの会議招待メールでミーティングの開始を知らせることも可能です。

TeamViewer 7ベータ版の先進の新機能は以下になります。

・シームレスなドラッグ&ドロップによるファイル転送
- ドキュメントやフォルダをセッションウィンドウからローカルコンピュータにドラッグ、またその逆の操作も、どの場所からでも行うことができ、さらにはOutlook のEメールに直接ドラッグしてくることも可能です。

・マルチモニターサポート
- それぞれのモニターで複数のセッションウィンドウを開くことが可能になり、ユーザーは複数のローカルスクリーン上で複数のリモートスクリーンを閲覧することができるようになりました。

・接続設定の保存
- リモートセッションの開始のたびにオプションの再調整を行うことを避けるため、それぞれのパートナーに対応する高度な設定の保存が可能になり、ユーザーは接続が完了次第すぐに操作を開始することができます。

・セッションの記録
- リモートコントロールセッションは、記録ができるだけでなく、編集や共有するために便利なAVIファイルに変換することができるようになりました。

・ツールバーからのスクリーンショット
- リモートセッション中の出来事を記録するための新たなスクリーンショット機能を追加するなど、総合的なドキュメンテーション機能を向上させました。

・TeamViewerマネージャー
- データベースクエリの最適化により、従来に比べて最大で4倍の速度で動作するようにパフォーマンスを大幅に向上させました。


TeamViewerのゼネラルマネジャーである
ホルガー・フェルグナー(Holger Felgner)は、
「多くの企業はリモートコントロールやオンラインミーティングを使用する際に、別々のソリューションを利用しています。TeamViewer 7はコンピュータのリモートコントロールに関する新機能を複数提供するだけでなく、最大25名の参加者に対応するまったく新しいミーティングソリューション機能も備えたひとつのソリューションなのです。私達は、iPhone、iPadやアンドロイド端末などのクロスプラットフォーム機能より提供される、すぐに開始出来るミーティングや予定されたミーティング、どちらも最も簡単な操作で可能にするソフトウェアを作成することに力を注いでいます。費用対効果に優れたシンプルなソリューションであるTeamViewer 7を利用すれば、2つの製品を1つ分の価格で手に入れることができるのです。」と述べています。


TeamViewer の全ソリューションに関し、閲覧者と閲覧されるコンピュータの間のコミュニケーションはすべてAES256ビットセッションエンコーディングに基づいて暗号化されており、最大のセキュリティを提供しております。


価格と入手方法
TeamViewer 7 は現在、Windows向けのベータ版としてのみご利用いただけます。ベータ版はリンクよりダウンロード可能です。Mac向けのソフトウェアのアップデートは2012年の第1四半期を予定しております。TeamViewerはそれぞれの企業のニーズに合わせて異なるライフタイムライセンスを提供しております。TeamViewerの価格は全額込みとなっており、ライセンシングが必要となるアドオンコンポーネントは発生しません。サポートやマイナーバージョンアップデートを含む完全なソリューション用のエンドユーザーライセンスは、一括支払いの¥ 55,300よりご用意しております。非商用目的のお客様に関しては機能制限なく無料でご利用いただけます。価格とライセンスの詳細についてはリンクをご覧ください。


(C) 2011 TeamViewer GmbH. 無断複写・転載を禁じます。
Mac, MacOSはApple Inc.の登録商標です。
Windowsはマイクロソフトの登録商標です。
Linux(R) はアメリカや諸外国にある Linus Torvalds の登録商標です。
AndroidはGoogle Inc.の登録商標です。





プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。