logo

FRONTIER、LGA2011版 Core(TM) i7を搭載したミドルタワー『GZ-E』シリーズを発売開始

株式会社KOUZIRO 2011年11月14日 18時13分
From PR TIMES



~最新プラットフォーム インテル(R)X79をベースに様々なカスタマイズが可能~

株式会社KOUZIRO(本社:山口県柳井市柳井5984番地1、
代表取締役:山田健介)(以下、KOUZIRO)は、フルカスタマイズに
対応したハイエンドミドルタワーパソコン『GZ-E』シリーズを、
2011年11月14日(月)より販売開始いたします。

■製品の概要
今回発表する新製品は、最新プラットフォーム インテル(R)X79
マザーボードをベースに最新LGA2011版 CPU インテル(R)
Core(TM) i7プロセッサー・ファミリーをはじめ、最大16GBまで
搭載可能なメインメモリ、高速動作で人気急上昇中のSSD、
美しい映像と大容量が魅力のブルーレイディスクなど、
様々な最新パーツを搭載することが可能なミドルタワーパソコンと
なっています。

製品ラインナップは、インテル(R) Core(TM) i7-3960X
プロセッサーを搭載した「エクストリームモデル」、インテル(R)
Core(TM) i7-3930K プロセッサーを搭載した「ハイエンドモデル」
が基本ラインナップとなっています。さらにそれぞれお買い得な
液晶セットがラインナップされています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア
(リンク)をはじめ、全国通信販売窓口
(TEL 0570-00-5530)にて2011年11月14日(月)より受注を開始し、
11月下旬より出荷いたします。


■製品の特長
「LGA2011版 CPU インテル(R) Core(TM) i7プロセッサー・
ファミリーを搭載」
最新プラットフォーム インテル(R)X79マザーボードをベースに
6コア12スレッドで動作するLGA2011版 CPU インテル(R) Core(TM)
i7-3960X プロセッサーまたはインテル(R) Core(TM) i7-3930K
プロセッサーを採用。

「クアッドチャネルメモリサポート」
メモリ4枚を使用したクアッドチャネルをサポート。メモリと
メモリバスの間のデータ転送速度を4倍にします。そのほか
メモリ数に合わせた最大限のパフォーマンスを発揮します。

「多彩なグラフィックカードを選択可能」
ゲームプレイ環境に大きく作用するグラフィックカードを幅広く
取り揃えています。NVIDIA GeForce GTX580を始め、GTX570、
GTX560、GTX550 Tiと用途に合わせて選択可能です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。