logo

日本発の英語旅行ポータルサイト Japan touristリリースのお知らせ

メトロポリス株式会社 2011年11月04日 20時12分
From PR TIMES

東京-2011年11月4日(金)
国内最大の英語マガジンを発行するメトロポリス株式会社はこの度、来日する外国人観光客のためのポータルサイトサービス、リンクを2011年11月4日(金)にリリースします。

この「JapanTourist」ポータルサイトは、日本各地の地域在住のユーザが、その地域に関する情報を投稿-いわゆるクチコミすることにより、数多くの信頼できる情報を集め日本への旅行を検討している外国人観光客へ提供することにより、地域格差による観光マーケティングのギャップを埋める効果があります。

地域で一番を知っているのはその地域に住んでいる人々であるというのが我々の哲学で、実際にその地域で生活している方々が、東京、京都、大阪といったお決まりの旅行ではなく、一味違う日本の旅を満喫したい観光客への情報源となります。
日本を旅行先としてアピールするマーケティングに外国人の視点を取り入れれば、より外国人観光客の目を引くことができるでしょう。
これを受けて、我々は日本全国の地域パートナーによる「草の根ネットワーク」を作り上げました。これは47都道府県すべてと、110もの主要都市にわたる情報ネットワークになります。この英語が母国語の日本在住者もしくはそれに準ずる地域パートナーが、その地域の日本人コミュニティとともに発信するコンテンツは、間違いなく外国人観光客を惹きつけることをお約束します。

また、「JapanTourist」は各地域パートナーに対して20から200名の情報提供者を構成しています。2012年度内に、日本全国に1,000から10,000名の地域に関する記事、写真、ビデオの投稿者を集める予定でおります。

「JapanTourist」システムは、高度な技術を駆使し、4つの主要機能を実装します。

1. コンテンツ収集セクション:多数のユーザにより記事などがインプットされると、地域パートナーおよびエディターに通知され、編集、承認を経て記事のクオリティチェックをパスし初めて公開されます。
2. 地域の情報、ユーザの動向、固定情報などをデータベースに蓄積します。初年度には、350語程度の記事をおよそ10,000本、コメントや写真を投稿するユーザ20,000名ほどを見込んでいます。
3. 情報提供者や訪問者に、報酬システムを用意して、リピート率をあげます。サイトへの情報提供などにより獲得したポイントは、専用のウェブショップにてグッズやサービスと交換できます。これは日本の旅行ポータルサイトでは初の試みとなります。
4. ソーシャルメディアセクションでは、レビューやレーティング、ツイッターやフェースブックへのフィードなど、また最も重要な機能として、グーグルマップへのフィードがあります。メトロポリスは2011年8月に正式なグーグルコンテンツパートナーとしてグーグルと契約しました。ユーザコメント/レーティングが掲載されるのは2012/12からとなります。

報酬セクションの現在のスポンサーは以下の通りです。
デルタ航空:アジア、USへの往復航空券
ソラレホテルズ&リゾーツ:日本各地にあるホテルチェーン、ロワジールとチサンホテルの宿泊券
アディダスジャパン:シューズ、トレーナーなどのスポーツグッズ
また他の協賛企業から、多くのグッズやサービスをご提供頂いております。

「JapanTourist」の目的は、日本の観光地に関する情報を深く、価値のある英語の情報にし、外国人観光客に提供することです。この地域ネットワークは、東京、京都、大阪といった大都市だけではなく、日本全国くまなくカバーしています。これは、あまり有名でない地域にも外国人観光客をもたらし、地域活性化につながります。また、日本人ではなく、外国人の視点から日本を紹介するというウェブサイトとしても、日本初になります。この斬新で新しいポータルサイトにより、外国人観光客を再び日本にもたらすものと確信しております。




詳しいお問い合わせは以下までお願いします。
福田 七海
メトロポリス株式会社
Tel: 03-4550-2929
Email: nanami@japaninc.com.
〒106-0031
東京都港区西麻布1-3-4 六本木OGビ4F

Press Release

Tokyo, Japan-November 4, 2011. Metropolis KK, publisher of Japan’s largest domestically produced English-language magazine, is pleased to announce the launch of our new Japan in-bound foreign tourism advisory website, www.japantourist.jp, on Friday, November 4th, 2011.

The JapanTourist website fills a gap in the Japanese in-bound tourism market, by providing a large volume of trusted but user-contributed editorial-such as comments and reviews (“kuchikomi”)-from people on the ground in Japan, to travelers thinking about coming to Japan.
Our philosophy is that locals know their neighborhoods and travel spots the best, and that they should be the main source of information for people looking for unique experiences-especially outside the Tokyo-Kyoto-Osaka corridor.
JapanTourist believes that Japan could market itself as a travel destination much better if it includes insight into the foreign traveler’s perspective.
To that end, we have created a nationwide “grass-roots” network of Regional Partners who act as organizers and content aggregators for each of Japan’s 47 prefectures and more than 110 major cities.
The Regional Partners, all either native or near-native English speakers, , work closely with their local communities to ensure that locally contributed content has the quality and targeting necessary to appeal to foreign travelers.
JapanTourist is currently forming “cells” of 20-200 additional contributors around each Regional Partner. This means that within 2012, we will have between 1,000 to 10,000 editorial, photo, and video contributors all over Japan. This “grass-roots” approach to tourism information is the ideal way to get detailed information to those visitors who would otherwise never see it. It also demonstrates Japanese and Foreigners working together, even in regional localities, to increase tourism in Japan.

Using leading-edge technology, the JapanTourist software has four main functional sections:

1. A content aggregation section, which takes input from many people, feeds the content to the Regional Partners and editors to correct and approve, and ensures that content is of sufficient quality and detail before being posted online.
2. A main database stores information about destinations, as well as user behaviors and website statistics. We expect to generate around 10,000 350-word articles in the first year of operation, and in excess of 20,000 user comments and photo contributions.
3. A rewards section provides incentives to both contributors and casual users to return to the website. The rewards are self-served through a web shop where the contributors/users redeem points earned from activity on the site for real goods and services. This system is a first in the travel industry in Japan.
4. A social media section that comprises user reviews and ratings and feeds to Facebook, Twitter, etc., and most importantly, feeds to Google’s online maps. Metropolis is a Google content partner, having signed an agreement with Google in August this year (2011). Our user commenting/rating functionality will be live in December 2012.

Early sponsors for the rewards section include Delta Air Lines, who are providing a number of international airfares to their Asian and US networks; Solare Hotels & Resorts. who are offering a large number of hotel rooms at their chains of Loisir and Chisun hotels around Japan; and Adidas Japan, who are offering various sports apparel. We also have a number of smaller brands offering other goods and services.

JapanTourist’s overall goal is to provide foreign travelers with deep and substantial content on travel destinations in Japan in English. Our regional network ensures we provide full coverage of all of Japan’s regions-not just the Tokyo-Osaka-Kyoto corridor. This means more tourism dollars spent in smaller regions and a general boost for their economies. It will also be the first website that aims to present Japan from the foreign point of view, instead of how Japanese marketers think Japan should be seen. We believe this will result in a more active and entertaining website that will help bring foreign tourists back to Japan.


Contact information for inquiries
Nanami Fukuda
Metropolis K.K.
Tel: 03-4550-2929
Email: nanami@japaninc.com.
Roppongi OG Bldg 4F 1-3-4
Nishi-Azabu Minato-ku Tokyo
106-0031


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。