logo

翻訳ソフトのクロスランゲージ、特許文書専用翻訳ソフト「PAT-Transer」の新バージョンを発売



翻訳ソフトの株式会社クロスランゲージ(千代田区、代表取締役:古賀 勝夫)は、特許文書の翻訳に特化した翻訳ソフトの新バージョン「PAT-Transer V11 for Windows」の新発売(*1)および同製品を2011年11月9日より科学技術館で開催される「特許・情報フェア&コンファレンス2011」に出展することを発表いたします。
(*1) PAT-Transer V11 for Windowsは、2011年11月18日(金)より発売


PAT-Transerは、特許翻訳のエキスパートの経験とノウハウをベースに、独自開発の特許文の前処理/後処理技術によって、
従来の翻訳ソフトとは全く異なる高品質な訳出を実現した特許文専用の翻訳ソフトです。
1998年の初版発売以来、国内約6,000の製造業を中心とした企業の技術部門や特許管理部門への導入実績を持ちます。
3年ぶり(*2)の新バージョンとなる「PAT-Transer V11」は、最新翻訳エンジンと辞書の強化による翻訳精度の改善はもちろん、
翻訳の生産性を高める「翻訳メモリ機能(対訳データベース)」(*3)を大幅に強化。
従来の原文との完全/類似一致による訳文出力に加え、熟語フレーズの登録によって、
熟語フレーズのみを自動検出し登録データと
マッチングさせ訳出する「自動文型一致」などの新機能の搭載により、
より柔軟で自然な表現による翻訳出力を可能としました。
(*2) 前バージョンPAT-Transer 2009は、2008年11月発売)
(*3)PAT-Transer V11 プロフェショナル版に搭載の機能
   (ベーシック版には非搭載)

製品名称、標準価格(括弧は本体価格)は、以下のとおりです。
PAT-Transer V11 ベーシック for Windows・・・・・・・・・・102,900円(98,000円)
PAT-Transer V11 プロフェッショナル for Windows・・・・176,400円(168,000円)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
「PAT-Transer V11」の特徴は以下のとおりです。
■ 高品質の特許文翻訳を実現する独自の特許文前処理/後処理機能
■ 翻訳エンジンの最新版と辞書の増強により翻訳精度が向上
総語彙数ベーシック版508万語、プロフェッショナル版790万語の翻訳辞書を搭載
■ 実務翻訳を強力にサポートする「新翻訳メモリ機能」を搭載 (プロフェショナル版に搭載)
■ 進化した統合翻訳作業環境、スタジオ・インターフェースを採用した「翻訳エディタ」
■ 特許文処理を実行して翻訳するオフィス・アドイン/IEアドイン機能を搭載
※PAT-Transerの詳細については、
リンク
をご参照ください。

PAT-Transer V11を「特許・情報フェア&コンファレンス2011」に出展します。
PAT-Transerの新機能や各種機能、翻訳性能をご紹介いたします。
ぜひ、クロスランゲージブースにお立寄ください。
また、当日、翻訳をお試しになりたい文章をUSBメモリなどに保存して
お持ちいただけば、その場で翻訳性能をご確認いただけます。
ぜひ、ご活用ください。


特許・情報フェア&コンファレンス2011の開催要項は以下のとおりです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■開催期間/時間:2011年11月9日(水)~11日(金) 10:00~17:00
■開催場所:科学技術館(東京・北の丸公園)
■入場料:1,000円(税込)招待券持参により無料(招待券は、
リンク (主催者サイト)
からダウンロードしていただけます。)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。