logo

戦略的なデータ管理が企業の競争優位の源泉に

戦略的なデータ管理が企業の競争優位の源泉に
~変革を実現する企業は、ビッグデータの分析に積極的に取り組んでいることが明らかに~


*2011年10月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。


米国フロリダ州オーランド、「The Premier Business Leadership Series」発
ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下: SAS)は、同社の協賛により実施された英国調査会社Economist Intelligence Unit (EIU)による最新の調査「Big Data: Harnessing a game-changing asset」によると、データ管理について明確な戦略を掲げている企業は、データ資産からより高い価値を引き出し、競合他社を上回るパフォーマンスを実現していることが明らかになったと発表しました。

調査対象となった世界各地の企業の上級管理職586人のうち、所属企業が明確に定義されたデータ管理プランを設定しており、これに基づいてデータの収集・分析に取り組んでいるとした回答者は、全体のわずか18%にとどまりました。戦略的にデータ管理を行っている企業の中で、データをほぼ有効に活用していると回答したのは64%でした。

競合他社との業績の比較に関する質問では、上記の戦略的にデータ管理を行っている企業の53%が、競合他社に比べ自社が最も業績がよいと回答しました。データ管理プランを持たない企業の中では、この割合はわずか36%にとどまりました。

SASの上席副社長 兼 CMO(最高マーケティング責任者)であるジム・デイビス(Jim Davis)は、「一貫性のないデータ戦略ではなく、明確に定義されたデータ管理プランを導入し、重要なデータの収集・分析を体系的に行うことで、成功への道のりは大幅に縮まります。回答者の半数近くは、データ管理戦略がCEOをはじめとする経営陣の承認を得ているとしており、企業が戦略的資産としてデータを重要視していることが表れています」と述べています。

ビッグデータがすべてを一変
企業が広範なデータ管理プランを持たない場合、企業をとりまく増加の一途をたどるデータは圧倒的な脅威となります。ビジネス・アナリティクスは、一般的にビッグデータと呼ばれる大量のデータから洞察を引き出す手法です。

大半の企業がビッグデータの価値を理解していることに疑いの余地はありませんが、こうしたデータの有効活用について苦闘している企業も少なくありません。回答者の45%は、データが多すぎることとリソースが少なすぎることを最大の障壁に挙げています。

デイビスは、「企業をとりまくデータは、1年間で倍増というかつてないペースで増え続けています。極めて競争の厳しい今日のビジネス環境では、情報管理を最適化し、ビジネス・アナリティクスによりビッグデータの分析を行うことが急務です」と述べています。

データと分析を企業戦略の中核に
回答者の53%は、データの利用拡大に伴い、企業内でのIT活用の戦略的重要性が高まっているとしています。ビッグデータの分析を通じてこれを有効活用することで、企業の変革が可能であるとデイビスは述べています。

明確なデータ管理戦略を掲げる企業の23%は、過去5年間のデータを利用することで「ビジネスが根本的に変わった」と回答しています。戦略的なデータ管理を行っていない回答者も含めた全体においても、その39%が企業戦略の推進にデータを活用していると答えています。

デイビスは、「データは企業を変革するための洞察をもたらしてくれますが、ただデータを収集して待っていればよい、というものではありません。データから価値を引き出すには、ビジネス・アナリティクス、すなわちデータを管理、分析し、洞察を引き出すことで意思決定を向上させるための包括的なテクノロジーが必要なのです」と述べています。

本調査の対象企業構成
・地域: 北米(31%)、欧州(31%)、アジア太平洋(28%)、中南米(6%)、中東・アフリカ(5%)
・事業規模: 年間売上高で、5億USドル未満(48%)、10億USドル以上(38%)
・業種: 金融(13%)、専門サービス(11%)、製造(11%)、テクノロジー(10%)、ヘルスケア(8%)


<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の50,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万2千名、日本法人約210名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事