logo

「日本一心」の旗印の下、2枚のベストアルバムを引きさげた吉川晃司の全国ツアーがスタート!



COMPLEX二夜限りの東京ドーム公演から三ヶ月。あの感動の余韻も未だ冷めやらぬ中、吉川晃司の全国ツアー「KEEP ON KICKIN'& SINGIN'!!!!!~日本一心~」が、10月30日日曜日横浜アリーナ公演を皮切りにスタートした。
1984年シングル「モニカ」でデビュー以来27年。吉川晃司は、ソロアーティストとして、COMPLEXとして、ツアーを通じてそのときどきの自らの生き様(LIVE)を表明してきた。しかし、今回のツアーは、過去のキャリアで紡いできたどのツアーにも増して特別な意味を持つ。  
3月11日の東日本大震災。未曾有の災害を受けて、吉川晃司は誰にも報せることなく被災地を訪れ、素性を隠したボランティア活動を行った。しかしそこで彼は大自然の脅威を目の当たりにし、大きな衝撃を受ける。声の限りを振り絞って歌うことで、ときにヒーローや歴史上の英雄を力の限り演じることで、自らの生き様を表現してきた吉川晃司。しかし、震災直後の悲惨な状況を目の前にして、彼はこの状況下で「エンターテイメントの力で人々を励ます」ことに疑問を抱く。匿名でのボランティア活動を行い、自問自答する日々。そこでたどり着いた答えは、「自分の出来る限りのことを、自分のやり方で実行するしかない」ということだった。それは、大自然の脅威の前ではとても小さな小さな行動かもしれない。だがそれは、彼がデビュー以来27年間ずっと貫いてきた生き方そのものだ。あらゆる状況に立ち向かって来た吉川晃司そのものだ。もしかしたら、未曾有の震災に直面して、彼はもう一度原点に立ち戻ったのかもしれない。
そこからの吉川の行動は素早かった。21年ぶりのCOMPLEX復活、広島の子どもたちとレコーディングした平和を願う名曲「あの夏を忘れない」、そして、入門編ベストアルバム「KEEP ON KICKIN'!!!!!」に続くキャリアベストアルバム「KEEP ON SINGIN'!!!!!~日本一心~」のリリース。迷いや葛藤を抱えながらも、アクセルを踏み続ける。決して、立ち止まらない。「日本一心」の旗印の下、震災以降の彼の重ねた想いと、貫いてきた生き様がハイブリッドにドライヴする。そう、それこそが吉川晃司のLIVE(生き様)だ。
ツアー初日の横浜アリーナ公演は、いきなり彼の生き様そのものがスパークする素晴らしいものとなった。「LA VIE EN ROSE」「RAIN DANCEがきこえる」「INNOCENT SKY2011」「恋をとめないで」「1990」「ジェラシーを微笑みにかえて」そして「あの夏を忘れない」。COMPLEX時代も含めた、キャリアベストな選曲。想いの全てをライブパフォーマンスで表現する彼には、余計な言葉など必要無い。全23曲、2時間強のステージ。ほとんどコメントを残すことなく、彼はステージを降りた。しかし、どんな雄弁な言葉よりも深いメッセージを受け取ったように、会場を詰め掛けた1万人のオーディエンスは上気した表情で会場から帰路に向かっていた。彼らは明らかに、吉川晃司のリアルな熱と、重ねられた想いを受け取っていた。同じように、彼らの熱い想いを吉川晃司は全身で受け止めたはずだ。そして、12月31日のツアーファイナルとなる代々木第二体育館まで、吉川晃司は全国でその熱の交感を重ねていくのだろう。
WOWOWでは、「日本一心」を掲げて再び走り始めた彼の、まさに走り出す瞬間の“熱”を、バックステージでの姿も交えて余すところ無くお届けする。彼の波動がスパークするスリリングな瞬間から、全ては始まる。キャリアを総括するベストセレクションな選曲、そして全国ツアーで伝えようとしている想い。2012年1月放送が決定したこの番組で、吉川晃司の2011年の現在(リアル)な波動を目撃して欲しい。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事