logo

大阪の若者文化のメッカ「アメリカ村」の巨大ビジョンで『ARAPPLI(R)(アラプリ)』を使った コンテンツが採用。お得なクーポンがついてくる3DCG ARがビジョンから飛び出ます!

DHE株式会社 2011年10月18日 11時27分
From PR TIMES



この度、アララ株式会社(東京都港区・代表取締役 岩井陽介)は、10月18日から大阪・心斎橋の「アメリカ村」三角公園前にある209インチ(約2.6m×4.6m)の巨大ビジョンRIBIAに表示されるARマーカーに、弊社のスマートフォン向けARアプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』を使用したアメリカ村オリジナルARコンテンツが採用されたことを発表いたします。

三角公園付近でアラプリを起動すると、GPSと連動してアラプリのトップ下部にあるダウンロードできるコンテンツ一覧にアメ村ARのアイコンが表示されます。また、「メッセージ」通知でも確認することができます。

そのアイコンをタップしてビジョンにARマーカーが表示されるのを待ちます。ビジョンにはまずARAPPLIの説明画像が流れ、基本的な使い方やダウンロード方法を説明します。その10分後にマーカーが表示されるので再生ボタンをタップしてマーカーにかざすとARが出現します。

※放映回数
1.ダウンロード説明用映像(30秒間)-15分置き 1日40回放映
2.ARマーカー映像(1分間)-15分置き 1日40回放映

ARはアメリカ村のシンボルの一つである人型街路灯が画面の中から出現し、アメリカ村訪問者を歓迎します。また、ARは巨大ビジョンを使って表示されるため、本物に劣らない迫力のあるコンテンツとなっており、日本初のARを使った屋外ビジョンの観光名所として期待されています。

加えて、ARを表示するとアメリカ村の人気たこ焼き店「甲賀流」の特別クーポンサイトに飛べるバナーが表示され、ARを見て楽しめるだけでなくお得な割引も得られます。

アララ株式会社では、独自に開発したスマートフォン向けARアプリケーション『ARAPPLI(アラプリ)』の普及を促進し、ARを使った様々なサービスの展開を図ることで、“ARをもっと身近に!もっと生活の中にある!”そんな社会の実現を目指しています。


AR(Augmented Reality)とは
日本語訳は「拡張現実(感)」目の前にあるリアルな世界に、本来そこにはないバーチャルなモノや情報を重ね合わせる技術やその映像のことを言う。中でも『ARAPPLI(アラプリ)』の採用するARは、ビジョンベース型ARと呼ばれ、カメラを通して現実に存在する対象物の上にバーチャルな画像を重ね合わせるもの。

『ARAPPLI(アラプリ)』とは
QRAR(R)マークをトリガーにして、動画・3DCG・アニメーション等リッチなARコンテンツをダウンロード、ひとつのアプリで無限にARコンテンツを展開できる、ビジョンベース型ARプラットフォームサービスです。iPhone(R)、Android(TM)アプリとして無料提供しています。


『ARAPPLI』の使い方
1.iPhone「App Store」、Android(TM)「Android Market」から、『ARAPPLI』をダウンロードします。
2.アラプリを起動し、QRARマークを撮影すると、ARコンテンツがダウンロードされます。
3.黒枠に、カメラをかざすと、ARコンテンツが出現します。
4.一度ダウンロードしたARコンテンツは、コレクションフォルダに保存されるので、ダブルタップで出現し、ピンチイン/ピンチアウトで大きさを変えられます。
※ポッキーARはQRコードとARマーカーが別々になっております。


【アララ株式会社】
2010年10月設立。AR(拡張現実)技術を活用できるプラットフォームを独自開発・提供する会社。2010年12月にQRコードで簡単にARを実現するスマートフォン向けアプリ『ARAPPLI』を発表。株式会社レピカ100%子会社。 リンク


※ 「アラプリ」はiOS4.1以上のiPhone・iPod touch(R)・iPad(R) 2、Android(TM) 2.2以上(推奨)の端末専用となります。
※ iPhone、iPod touch、iPadは、Apple Inc.の商標です。iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Android(TM)は、Google Inc.の商標です。
※QRAR及びARAPPLI(アラプリ)は、アララ株式会社の登録商標です。
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。
※DHE株式会社は、ARAPPLIの制作/プロモーションを担当しております。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。