logo

「プロフェッショナルPRカレッジ」開講



豪華ゲスト講師による特別講義を開催
生活者を動かすPRパーソンになるための講座
「プロフェッショナルPRカレッジ」開講



PR事業を展開する株式会社ベクトル(本社:東京都港区、代表取締役社長:西江 肇司)は、生活者を動かすPRパーソンになるための講座「プロフェッショナルPRカレッジ」を11月9日(水)より開講、本日から受講生の募集を 開始いたします。

生活者を取り巻く環境は大きく変化を遂げ、CMや広告だけの企業コミュニケーションでは人々の消費行動が起きにくい昨今、多くの企業はコミュニケーション活動においてPRを戦略的に活用し、新たな効果を生み出そうとしています。生活者を動かすためには、広告やPR・SPなどの手法を統合的に展開するマーケティングが必要とされており、PRがそのプロモーションの成否を大きく握るケースも少なくありません。広報・広告・キャンペーンすべてのコミュニケーションにおいてPR視点が重視される中、この時代に活躍できる生活者を動かすPRパーソンの需要が増加しています。

それを踏まえ、PR事業を展開するベクトルグループは、今年4月に開講した初級コースに続き、コミュニケーションのすべてにおいてPR視点をもち、生活者を動かすニュースを作ること、そしてそのニュースを確実に生活者に届けることができるPRパーソンを育成するPRカレッジを開講します。PR視点でのメッセージ・ニュース開発からの戦略的なPR展開を学ぶ通常講義のほか、広告業界やメディアの第一線で活躍する豪華ゲスト講師陣を招いた特別講義を行います。本講座では、戦略PRの手法を取り入れ、売り上げ拡大に結び付けた最新事例も紹介し、ワークショップを通じて自分自身でニュースを作れる企画力を身に付けて頂きます。

■「プロフェッショナルPRカレッジ」概要
【日時】   2011年11月9日(水)開講 毎週水曜日 19:00~21:00 ※11月22日のみ火曜日

【定員】   30名

【会場】   東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ18F

【講師】   吉柳さおり(株式会社ベクトル取締役/株式会社プラチナム代表取締役)
      福原 伸治氏 (フジテレビジョン プロデューサー・ディレクター)
      藤井 大輔氏 (R25編集長)
      中川 淳一郎氏 (ネットニュース編集者)
      嶋 浩一郎氏 (博報堂ケトル代表)
      他、現役全国紙記者

【募集要項】 学歴、職業、年令、性別、経験は問いません。
企業の広報・宣伝・マーケティング部及び関連部署に在籍している方、将来PRパーソンを目指す転職・就職希望者、学生等(※学生のみ選考あり)

【料金】   全6回 ¥48,000
受講料は一括納入。受講は申込み者本人に限ります。他人に貸与・譲渡はできません。

【申込方法】 WEBサイトより申し込み(URL リンク

【申込締切】 先着順定員になり次第締め切らせて頂きます。

【問合せ先】 PRカレッジ事務局((株)ベクトル内) 担当:大和、松永
TEL. 03-5572-6080 FAX 03-5572-6065 MAIL PR-college@vectorinc.co.jp
受付時間 月~金 9:30~19:00(土、日、祝祭日は除く)

【講義科目】
第1回 11月9日(水):戦略PR
PR戦略設計~戦略PRにおけるメディア文脈、PRコンテンツの作り方、成功事例紹介
講師:吉柳さおり(ベクトルグループ プラチナム)

第2回 11月16日(水):TVPR 
1限目:TVPRにおけるニュースの作り方~リリースからオンエアまでTVPR10ヶ条
講師:吉柳さおり(ベクトルグループ プラチナム)
2限目:TVメディアが伝えたい(取り上げる)ニュースとは、PR・広報の立場でのアプローチの仕方
ゲスト講師:福原 伸治氏(フジテレビ情報制作局情報企画センター情報企画部長/プロデューサー)

第3回 11月22日(火):新聞・雑誌メディアPR
1限目:雑誌(R25)的ニュースの作り方、雑誌におけるPR的文脈とは
ゲスト講師:藤井 大輔氏(リクルート「R25」編集長)
2限目:新聞メディアから見る価値のあるニュースとは
ゲスト講師:現役全国紙経済担当記者

第4回 11月30日(水):ネットメディアPR
1限目:ソーシャルメディアを活用したPR~facebookをPRに活用する具体的手法
講師:南口善史(ベクトル/ディクレター)
2限目:ネットニュースの作られ方~ヤフートピックス編集部が考えていること, WEBで拡散するニュースとは
ゲスト講師:中川 淳一郎氏(ネットニュース編集者)

第5回 12月7日(水):広告×SP×PR
インテグレーテッドキャンペーンにおけるPR視点でのコアアイディアの作り方
ゲスト講師:嶋 浩一郎氏(博報堂ケトル代表/編集者・クリエイティブディレクター)

第6回 12月14日(水):総集編・ワークショップ 
生活者を動かすPRとは、世論をしかけブームを作るPRマンになる7つの法則
講師:吉柳さおり(ベクトルグループ プラチナム)
  


【講師・全講義モデレーター】
吉柳さおり(きりゅう さおり)
株式会社ベクトル 取締役/株式会社プラチナム 代表取締役

慶應義塾大学法学部卒業。大学在学中に株式会社ベクトル創業時に参画、
取締役に就任。2004年にベクトルグループ内に戦略的PRを得意としたPR会社
株式会社プラチナムを設立、代表取締役に就任。
様々な業種の戦略PRや、数々の海外企業の日本市場ローンチPR、PR視点での広告キャンペーンなど、コミュニケーション領域における総合的な戦略PRを手がける。
2011年より慶應義塾大学非常勤講師。

【ゲスト講師】
福原 伸治氏(ふくはら しんじ) 
株式会社フジテレビジョン 情報制作局 情報企画センター 情報企画部長

1963年大阪市生まれ。京都大学経済学部卒業、1986年入社。
CGを大胆に用いる独特の手法での演出などにより、斬新な番組を多数生み出した。
日本初のヴァーチャルスタジオ番組といわれた科学情報番組「アインシュタイン」や子ども番組「ウゴウゴルーガ」はその代表作。ほかに「秘密倶楽部 o-daiba.com」、「ガチャガチャポン!」、「シチリアの龍舌蘭」、「学校では教えてくれないこと!!」、「フライヤーTV」、「快進撃TVうたえモン」、「新・週刊フジテレビ批評」など多数。


藤井 大輔氏(ふじい だいすけ)
株式会社リクルート R25編集部 編集長

1973年富山県生まれ。大阪大学経済学部卒業 1995年株式会社リクルート入社。
以来、編集・メディア設計職に従事し、主に『ゼクシィ』『ABROAD』『ダ・ヴィンチ』『住宅情報』『都心に住む』等に携わる。2003年9月『R25』を立ち上げ、ネーミング・編集コンテンツ・レイアウトデザインを立案する。
2005年4月『R25』編集長に就任。『L25』『webR25』『mobileR25』などの
編集長を務める。著書に『R25のつくりかた』(日本経済新聞出版社)


中川 淳一郎氏(なかがわ じゅんいちろう) 
ネットニュース編集者

1973年生まれ。一橋大学商学部卒業後、博報堂コーポレートコミュニケーション局でPRを担当。01年に同社を退社。雑誌『テレビブロス』などのライターや編集者などを経て、06年からネットのニュースサイトの編集者になる。編集、執筆活動のほか、企業向けにネットの情報に関するコンサルティングや講演も行っている。
著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『今ウェブは退化中ですが、何か?』(講談社)などがある。


嶋 浩一郎氏(しま こういちろう) 
博報堂ケトル代表/編集者・クリエイティブティレクター

1968年生まれ。上智大学法学部卒。93年博報堂入社。コーポレート・
コミュニケーション局に配属され、企業のPR・情報戦略に携わる。
06年既存の手法にとらわれないコミュニケーションを実施する「博報堂ケトル」を設立。
島耕作×ザ・プレミアム・モルツのキャンペーン、少年サンデー×少年マガジン50周年プロジェクト、KDDI 、伊藤忠商事「MOTTAINAI」、J-WAVE、adidas originalsなどの広告キャンペーンを制作。
また、食材カルチャー誌『「旬」がまるごと』(ポプラ社)プロデューサー、エリアニュースサイト「赤坂経済新聞」や、カルチャー誌「ケトル」編集長など、メディアコンテンツにも積極的に関わっている。
最近の著書に、『人が動く ものが売れる編集術 ブランド「メディア」のつくり方』(誠文堂新光社)がある。



■ベクトルグループについて
ベクトルグループは、(株)アンティル・(株)プラチナムが手掛けるPR事業を中心とし、ソーシャルメディアマーケティングの(株)シグナル、IT-PRの(株)PR TIMES、映像制作の(株)VECKSの計5社の領域を活かして統合的なコミュニケーションサービスを提供するマーケティングカンパニーです。

【会社概要】
会社名 : 株式会社 ベクトル
住所 : 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
従業員数 : 230人
代表 : 西江 肇司
資本金 : 2億6,500万円
事業内容 : マーケティング分野における戦略的PR
クチコミに関するコミュニケーションマーケティング事業
映像制作業務・その他これらに付加する一切の事業
URL : リンク
グループ会社 :
株式会社アンティル リンク
株式会社プラチナム リンク
株式会社シグナル リンク
株式会社PR TIMES リンク



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。