logo

高効率電力変換を実現する最も堅牢な高耐圧パワー・ショットキー・ダイオードを発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年10月06日 10時38分
From PR TIMES



業界最高のESD保護機能が、
通信基地局および産業用アプリケーション向けの
パワー・ショットキー・ダイオード(200V耐圧)を差別化
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、通信
基地局や溶接機といった装置の電力効率と耐久性の向上に寄与する高耐圧パワー・
ショットキー・ダイオードの新製品を発表しました。

STの新しい整流用パワー・ショットキー・ダイオードであるSTPS60SM200C
(200V耐圧)は、定格出力電圧が直流30V~50Vの大電流AC/DC電源に使用
されます。200Vの最大逆電圧は最も過酷な動作条件に対応すると共に、過電圧に
耐えるのに必要な設計マージンを持っています。また、-40℃でも動作するため、
世界中の多くの通信基地局での使用に最適です。

市場で入手できる数少ない200V耐圧のパワー・ショットキー・ダイオードである
STPS60SM200Cは、カソードコモン接続された2個のダイオードを3ピン・
パッケージに集積しています。電力効率に優れた同製品は、電力損失の大きい
超高速ダイオードの代替品になります。現在、約30%の基地局が従来の超高速
ダイオードを使用しており、STはこれらのアプリケーションの多部分がこの堅牢
な新製品に移行するとを期待しています。また、既にパワー・ショットキー・
ダイオードを使用しているハイエンド・プラットフォームに向けた代替品にも
なります。

ST独自のプロセス技術を採用したSTPS60SM200Cは、IEC 61000-4-2に準拠した
テストにおいて、類似のパワー・ショットキー・ダイオードよりも高い2kV超の
ESD耐性を達成しています。そのため、高い過渡電圧等による製品破壊に対する
耐性が確実に向上し、最終的には機器のダウンタイムが短縮されると共に、
修理コストが最小化されます。現地までの移動や修理に時間・費用を要する
遠隔地の携帯電話基地局の場合、これらの節約は特に重要です。

主な特徴
繰り返しピーク逆電圧(V(RRM)) : 200V
平均順電流(I(F)(AV)) : 2 x 30A
接合部最大動作温度(T(j)(max)) : 175℃
順電圧(V(F)) : 640mV typ

現在、STPS60SM200Cはでサンプル出荷中で、業界標準のTO-247パッケージにて
提供されます。単価は、1000個購入時に2.436ドルです。大量購入時の単価に
ついてはお問い合わせください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2010年の売上は
103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事