logo

創蓄省エネ技術を活用した省エネの取り組みで、最高位の経済産業大臣賞~加西グリーンエナジーパークが「グリーンITアワード」を受賞

パナソニック 2011年10月04日 17時18分
From PR TIMES



パナソニックグループ 三洋電機株式会社(リンク)の「加西グリーンエナジーパーク」(兵庫県 加西市 加西事業所内)が、本日、「グリーンITアワード2011」(グリーンIT推進協議会、後援:経済産業省)において、「ITによる社会の省エネ」部門の経済産業大臣賞を受賞しました。グリーンITアワードは優れた省エネ効果を持つIT機器、ソフトウエア、サービス、ソリューション等、並びにそれらを活用して優れた省エネ効果を実現した提案等を表彰し、「ITの省エネ」及び「ITによる社会の省エネ」を両輪とする「グリーンIT」の取り組みを一層加速するものです。
 「加西グリーンエナジーパーク」は、太陽電池やリチウムイオン蓄電システムなどの創エネや蓄エネ技術、ITによる見える化技術など多面的にCO2削減に取り組んでいることが高く評価されました。

【受賞部門】
「ITによる社会の省エネ(by IT)」部門 経済産業大臣賞
【受賞内容】
ITを活用した創蓄省エネデバイスの連携制御による省エネの取り組み
~加西グリーンエナジーパークでの大規模実証実験~

▼グリーンIT推進協議会「グリーンITアワード」
リンク

▼加西グリーンエナジーパーク
リンク

▼三洋電機株式会社
リンク

【加西グリーンエナジーパークについて】 
2010年10月に、環境対応車用のバッテリーシステムを開発・製造している加西事業所(兵庫県 加西市)内に設置。当社が開発した、太陽電池、リチウムイオン蓄電システム、各種省エネ機器などをITで連携制御する「スマートエナジーシステム(Smart Energy System:SES)」の大規模実証実験を行っています。このSESにより、便利で快適な環境を損ねることなく、ピーク電力やCO2を削減することを目標としています。
グリーンITアワードでは、創エネや蓄エネ、ITによる見える化技術など多面的にCO2削減に取り組んでいる総合力と、創エネと蓄エネをいかに組み合わせるべきかについて将来多くの知見を与えることが高く評価されました。

<主な導入システム>
・太陽光発電システム(HIT太陽電池) 1MW
・大規模リチウムイオン蓄電システム 1.5MWh
・空調統合監視・制御システム「STAIMSシステム」
・リチウムイオンソーラー街路灯


【受賞記念講演「グリーンITシンポジウム2011」について」
日時:10月7日(金) 11:30~12:00 
場所:幕張メッセ 3F 国際会議場 301会議室
講演者:三洋電機株式会社 エナジーデバイスカンパニー大型蓄電事業部 副事業部長 花房寛
テーマ :ITを活用した、創蓄省エネデバイスの連携制御による省エネの取り組み~加西グリーンエナジーパークでの大規模実証実験~



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。