logo

ケータイで観るモバコン(R)のAndroid端末向け新規格「モバコンHQ(TM)」を開発



加賀ハイテック株式会社(代表取締役社長:中川良博)は、2010年7月より事業展開している「モバコン(R)(モバイル用コンテンツSD)」と同じMicro-SDカードを使用したAndroid端末向け新規格、「モバコンHQ(TM)」を開発しました。これにより、今までワンセグ携帯でしか観られなかった「モバコン」がAndroid端末でも視聴する事が可能になります。

「モバコンHQ(TM)」はモバコンHQ専用Androidアプリ「モバコンHQプレーヤー(Android2.2以上対応*)」をアンドロイドマーケットからダウンロード(無償)することで、Android端末での再生を可能にしたモバコン(R)の新規格です。著作権保護技術TranShare(TM)の採用によりAndroid端末で映像を視聴する事が可能になりました。「モバコンHQ(TM)」では高画質の映像再生が可能で、画質を従来のQVGA(ワンセグサイズ320×180)から最高QHD(960×540)に、最大ビットレート6Mbpsまで対応と飛躍的な画質の向上を実現。DVD以上の高画質でコンテンツをAndroidスマートフォンやタブレットでお楽しみ頂けます。
TranShare(TM)はSD-SD規格に準拠しており「モバコンHQ(TM)」は従来のモバコン同様にCPRMを用いて高度な著作権保護機能を実現しております。当社は今後、本仕様を積極的に関連する業界に提案すると共に、改めて新たなエンターテイメントコンテンツ市場を創造してまいります。
※モバコンHQ専用アプリ「モバコンPlayer」はAndroi2.2以上の対応となります。

●「モバコンHQ(TM)」の主な仕様
・最高QHD(960×540)の高画質
DVD画質を超える高画質QHDはAndroid端末の持つ高精細ディスプレイの機能を最大限に引き出し、鮮やかな映像をお楽しみいただけます。
また、HDMI出力機能が搭載されているAndroid端末を使用すれば、HDMI出力によりご家庭の大画面で高画質の「モバコンHQ(TM)」を視聴することが可能となります。
・最大6Mbpsのビットレート
Androidスマートフォンの高スペックを最大限に活用。毎秒6Mbpsのビットレートで滑らかな映像を実現しました。
・著作権保護技術TranShare(TM)採用
株式会社 東芝が開発したTranShare(TM)は、暗号化されたコンテンツとコンテンツを視聴する為の鍵を双方ともSDカード内に格納する必要があった従来の技術に対し、暗号化されたコンテンツと鍵を分離して扱う事を可能にした技術です。その為、端末の仕様に左右されず全てのAndroid端末でモバコン(R)を視聴する事が可能となりました。

■コンテンツ収録Micro-SDカード「モバコン」とは?
Micro-SDカードスロットを搭載したワンセグ機能付携帯端末で視聴できる新しいメディアです。携帯性に優れている為、場所や時間を選ばずにいつでも、どこでも、お好みの映像作品を楽しむことができます。通勤通学の電車・地下鉄の中や、ちょっとした空き時間、キッチン、寝室などでエンターテイメントを楽しむ生活をご提案いたします。
弊社は今後も、アニメ、テレビドラマ、スポーツ、語学、映画など、幅広い分野のエンターテイメントコンテンツを消費者ニーズに合わせてコンテンツSD化し販売していきます。

■取り扱い店舗や商品についてのお問い合わせは
モバコン公式サイト(リンク)をご覧ください。

※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※本リリースに記載されている内容は発表時点の情報です。発売時に内容が変更となる場合もございますのであらかじめご了承ください。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。