logo

十勝スマートチーズで世界三大珍味の味を再現! 十勝スマートチーズ「驚きの食べ合わせプロジェクト」 2011年9月29日(木)ウェブコンテンツオープン!

株式会社 明治 2011年09月29日 11時54分
From PR TIMES



株式会社 明治(代表取締役社長:浅野 茂太郎)は、濃厚なうまみが特徴の「明治北海道十勝スマートチーズ」と全国47都道府県の特産品を組み合わせ、うまみを更に深め引き出す究極の食べ合わせをご紹介するウェブコンテンツ「十勝スマートチーズ×日本うまいもの47撰 驚きの食べ合わせプロジェクト」を2011年9月29日(木)より展開致します。(URL: リンク


当ウェブコンテンツでは、全国47都道府県の特産品を、味を科学的に分析するAISSY株式会社の協力により、同社の開発した「味覚センサー」で食べ合わせた時のおいしさの変化を分析しました。富山県「ブリ大根」、福島県「かにめし」、奈良県「かりんとう」、愛知県「ういろう」など、十勝スマートチーズとの驚きの食べ合わせを、「味覚チャート」による分析結果やレシピと共にご紹介します。また、十勝スマートチーズとの組み合わせで、世界の三大珍味「フォアグラ」「トリュフ」「キャビア」の味を再現できる食べ合わせもご紹介しています。


「明治北海道十勝スマートチーズ」は、株式会社 明治独自の「うまみ乳酸菌熟成」技術からうまれた、濃厚なうまみとほろほろほどけるような食感が特徴の、まったく新しい味わいのチーズです。この十勝スマートチーズの濃厚なうまみが他の料理のうまみやコクを深め引き出します。


【ウェブコンテンツ概要】
タイトル/「十勝スマートチーズ×日本うまいもの47撰 驚きの食べ合わせプロジェクト」
開設日/2011年9月29日(木)
内容/明治北海道十勝スマートチーズの最大の特徴である”うまみ”を切り口に、その”うまみ”を極めるための食べ合わせを、47都道府県の名産物を対象に科学的見地より分析。その結果導き出された 47種を中心に、十勝スマートチーズの新しい”食べ合わせ”を提案します。
URL/リンク


【明治北海道十勝スマートチーズについて】
日本人の味覚にあったチーズを探求した結果生まれた、濃厚なうまみと、ほろほろとほどけるような口どけが特徴のチーズ。株式会社 明治独自の「うまみ乳酸菌熟成」技術が、全く新しいチーズのおいしさを作りました。薄型スマートタイプなので、手軽にスマートに新しい食感をお楽しみいただけます。

■商品概要
商品名/明治北海道十勝スマートチーズ 12個入
種類別/プロセスチーズ
発売日/2008年10月1日
内容量/120g
メーカー希望小売価格/370円(税別)
発売地域/全国
容器・包装 内装/アルミ、外装/コートボールカルトン
ケ-ス入り数/ 36個(12個×3ボール)
販売場所/全国のスーパー、食料品店等


【うまみ乳酸菌熟成について】
日本人の口に合うおいしいチーズを作り続けてきた株式会社 明治は、日本人好みの「うまみ」と「口どけ」を引き出す技術、「うまみ乳酸菌熟成」技術の開発に成功しました。この技術により、うまみが増し、口どけのよいチーズが誕生しました。日本人のDNAに響く風味、「うまみ」と「口どけのよさ」これが明治北海道十勝チーズです。

■「うまみ乳酸菌熟成」技術で生まれた2つのおいしさ
1.日本人の味覚にあった濃厚のうまみ
2.ほろほろとほどけるような口どけ


【AISSY株式会社について】
AISSY株式会社は、「味」を科学的に分析することができる「味覚センサー」と「味の相性の法則」を用いて、食べ物の「おいしさ」を科学的かつ、視覚的に分析する会社です。分析した結果を五角形のチャートを用いて視覚的にわかりやすく表現します。
 当プロジェクトの分析を手掛けた鈴木隆一氏は、味覚を分析する「味博士」として、様々な企業の食品の味分析の監修を手掛け、また、テレビや雑誌等のメディアに数多くご出演されています。


【株式会社 明治について】
2011年4月、当社は明治グループの食品事業を担う会社として明治製菓株式会社のフード&ヘルスケア事業と明治乳業株式会社が統合して発足しました。当社は80年以上にわたりご愛顧いただいている「明治ミルクチョコレート」や日本初の本格的なプレーンヨーグルトである「明治ブルガリアヨーグルト」など多数のロングセラー商品を有し、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代のお客さまに、菓子、乳製品、育児・健康食品など幅広い商品・サービスを提供する会社です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。