logo

Kodak D4000両面フォトプリンター新発売



コダック株式会社(代表取締役社長:松浦規之)と加賀ハイテック株式会社(代表取締役社長:中川良博)は、本日、新製品『Kodak D4000両面フォトプリンター』(以下、D4000プリンター)の発売について発表を行いました。
『D4000プリンター』は、高画質の両面サーマルプリンターです。付加価値プリントを簡単に店内処理で作成する為に開発されたソフトウェア『Kodakクリエイティブ・プロダクション・ソフトウェアv.5』(以下、KCPS v.5)と接続することにより、本格的なフォトブックやカレンダーなどを、小売店の店内で、短時間に仕上げることが可能になります。これまでのように、数時間~数日間、お客様をお待たせすることなく、仕上がり品を短納期でお渡しすることが可能になります。

『D4000プリンター』は、8インチ幅のロール紙を使用し、8x4~8x12インチのフチなしの両面サーマルプリントを出力します。プリント出力の速度は、両面の8x10インチで75秒です。本体は、高さ78.5cm x 幅82.5cm x 奥行 47.8cmのコンパクトなサイズで、従来の両面タイプのインクジェットタイプのミニラボに比べ、設置面積も非常に小さく、設置場所を選びません。

コダック株式会社コンシューマービジネス事業部マネージングディレクター・藤原浩は「『D4000プリンター』の操作は非常にシンプルです。複雑なトレーニングは必要なく、また、メンテナンスも手間がかかりません。また、このプリンターに使用するサーマルペーパーロール紙『Kodak エクストラライフ フォトブックペーパー』は、光・熱・湿気・オゾンなどに対して強い耐久性を持っているだけでなく、水濡れしても拭き取りが可能です。通常の保存環境のもとでは、生涯変わることのない美しさを保ちます。」と述べています。

『KCPS V.5』は、SDカードやUSBメモリー、CDなどからの画像入力だけなく、SNSサイトのひとつ、facebookからの画像ダウンロード、HDビデオ動画からの任意の静止画フレームのプリントが可能です。 さらに、TWAIN対応ドライバを持つスキャナからの画像取り込みも可能と、新たなプリント需要の喚起につながる機能を搭載しています。『KCPS V.5』は、有償年間ライセンス契約に基づき、ご利用いただけます。
『D4000プリンター』は、10月初旬の発売を予定しています。

【 製品概要 】
・製品名:Kodak D4000両面フォトプリンター
・需要家価格:1,500,000円(税抜)
・発売日:2011年10月初旬
【 主な仕様・機能 】
・プリンティング方式:サーマル
・プリント解像度:300dpi(連続諧調)
・出力サイズ:フチなし両面プリント
- 8x4インチ(20.3cm x 10.2cm)
- 8x6インチ(20.3cm x 15.2cm)
- 8x8インチ (20.3cm x 20.3cm)
- 8x10インチ(20.3cm x 25.4cm)
- 8x12インチ(20.3cm x 30.5cm)
・出力速度:8x10インチ(20.3cm x 25.4cm)両面プリントで75秒
・本体サイズ/重量:高さ78.5cm x 幅82.5cm x 奥行 47.8cm / 68.7kg
・電源:100~240V AC、50~60Hz
・動作環境温度 / 湿度:15-35℃ / 20~80%
・設置必要面積:本体手前50cm、本体右側面前 25.4cm(メディア交換とメンテの為)は必須。 天面、背面、左側面から10cm推奨
・ソフトウェア:KCPS V.5以上をPC経由接続

※本リリースに記載されている内容は発表時点の情報です。発売時に内容が変更になる場合もございますのであらかじめご了承ください。

<製品についてのお問い合わせ先>

コダック株式会社 お客様相談センター  TEL:03-5540-9000


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。