logo

オンライン出願・申込みサービス「e-apply」 校友会費納入サービス提供 早稲田大学校友会で導入



 就職・進学情報会社の株式会社ディスコ(本社:東京都文京区 代表取締役社長:夏井丈俊)が提供するオンライン出願・申込みサービス「e-apply」を使い、海外在住者を対象にオンラインで校友会費を納入するサービスが、10月1日から早稲田大学校友会で導入されます。

◆「e-apply」とは
 オンライン出願・申込みサービス「e-apply」は、パソコン、ケータイやコンビニ端末から検定や試験の申込み・お支払いまでの一連の手続きができるサービスです。これまで資格検定団体や予備校、大学・短大・大学院等教育機関等で導入されています。
 大学向けサービスとしては、出願受付、入学検定料支払、寄付金受付、講座受付等の実績があります。

◆海外在住者増加に対応
 今回、早稲田大学校友会(早稲田大学の卒業生で構成される同窓会組織)で「e-apply」による校友会費納入サービスを導入した背景には、登録住所が海外等の会員数が年々増加の傾向(2011年2月現在、4,979名)にあり、今後も増加が見込まれることがあります。
 これまでは海外在住者向けの会費決済手段を提供できていなかったため、校友会費を納入する意思をお持ちの海外在住校友のために、「e-apply」による決済手段の導入に至りました。(なお、海外在住の在学生保護者などの方も「一般購読会員」として『早稲田学報』の購読申込みが可能となります。)

◆「承認機能」で、海外在住者にのみサービス提供
 校友会費納入に関しては、「e-apply」での受験申込・受付から支払いまでの手順と変わりません。申込み・決済画面には英語版も併設されており、各種クレジットカードならびに銀聯(ぎんれん)カードで決済ができます。
 なお、このサービスは海外在住者にのみ提供されます。同会事務局で入力された住所を確認した上で該当者にのみサービスを提供できる、「承認機能」がついています。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。