logo

世界最高性能のブロードバンドSTB用SoCを発表

STマイクロエレクトロニクス 2011年09月21日 10時53分
From PR TIMES



完全なコネクテッド・ホームの実現に向け、
先進的なマルチメディア / ストリーミング / サーバ機能と、
業界最高水準のセキュリティおよび省電力機能を搭載し、
放送とブロードバンド・サービスの技術革新をサポート
--------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
優れたホーム・エンタテインメントを実現するブロードバンド・セット・トップ・
ボックス(STB)向けに新しい高性能システム・オン・チップ(SoC)を発表しま
した。これにより市場をリードするSTのSTB向け製品ポートフォリオがさらに
拡充されます。

STの次世代ホーム・エンタテインメント・プラットフォームである新製品は、
市場最高レベルの電力効率、極めて高い性能、クラス最高のセキュリティ機能と
いった特徴に加え、幅広いオープンソース環境に対応しています。従来のSTB用
ICより優れた処理能力を持つこの新製品は、最先端ゲーム、インターネット上の
サードパーティーによるOTT(Over The Top)ビデオの再生、コンテンツや
アプリケーションが充実している新しいアプリケーション・ストア、住宅内にあ
るタブレット・スマートフォン・PC・TV等の全ての接続画面におけるセキュアな
HD動画のストリーミング等、様々な付加価値サービスをサポートします。

STのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 ホーム・エンタテインメント&
ディスプレイ・グループ ジェネラル・マネージャであるPhilippe Lambinetは、
次の様にコメントしています。「消費者は、完全なコネクテッド・ホームの実現
を期待しています。ホーム・ネットワークでは、最高の性能とスピードで、TV・
タブレット・ノートPCに対して横断的にコンテンツをストリーミングすると共に、
事業者のアプリケーション・ストアやオープン・マーケット・ストアにも
アクセスが可能です。当社の最新世代のハイエンドSTB用ICは、住宅におけるマルチ
メディアの中心として機能します。全ての機器を接続し、3D番組ガイドやフル・
モーション3DTV、インターネット上の第3者や事業者から提供されるOTT(Over
the Top)ビデオやゲーム、幅広いアプリケーションへの完全かつ高速な
アクセス等、極めて優れたユーザ体験を実現します。」

Olryと呼ばれる新しいICは、電力効率に優れた先進的なARM(R) Cortex(TM)-A9
MPCore(TM)プロセッサを搭載しています。このプロセッサは、Android(TM)、Qt、
インターネットのオープン・スタンダードであるHTML5等、様々なソフトウェア
環境で提供されるコンテンツやアプリケーションの最適な再生を可能にする独自
機能を備えています。Orlyは、Adobe(R) AIR(R)とFlash Playerの最適な
バージョンを活用するAdobe Flash(R)ベースのゲーム、メディア、データ主導型
アプリケーションにも対応しています。専用の高性能処理エンジンが、卓越した
グラフィックのレンダリング、マルチメディア体験、堅牢なセキュリティを実現
します。

Adobe社のビジネス・デベロップメント部門 シニア・ディレクタである
Jennifer Carr氏は、次の様にコメントしています。「TVのスクリーンは、世界
中のコンテンツ発信者にとって、アプリケーション開発の驚くべき可能性を秘め
た、次なるフロンティアです。STとの緊密な協力を通し、Flash PlayerとAdobe
AIRをOrly向けに最適化することにより、300万人超のFlash開発者は、3Dゲーム
やプレミアム・ビデオ・コンテンツ等の次世代アプリケーションをTV用に提供す
ることができます。」

ARM社のマーケティング担当 エグゼクティブ・バイスプレジデントである
Lance Howarth氏は、次の様にコメントしています。「ARMは、デジタル・ホーム
とSTB用ICの主要メーカーであるSTが、Orlyを発表したことを嬉しく思います。
ARM Cortex A9プロセッサとMali 400MP GPUを採用したSoCソリューションは、
将来のSTB設計の標準となると考えています。これら2つの補完的な組合せに基づ
く電力効率に優れたテクノロジーは、有料TV放送およびOTT配信をサポートする
と共に、豊かなメディア体験を実現し、この市場における将来の成長に極めて
重要です。」

STは、Orlyを搭載したホーム・サーバやネットワーク製品から様々な接続機器へ
のコンテンツ配信によって開かれる大きな可能性を予測する一方、優れた
セキュリティ性能が不可欠であると考えています。そのため、STは、主要
セキュリティ・ベンダとのパートナーシップを活用し、最も先進的な限定受信
セキュリティならびにデジタル著作権管理(DRM)のサポートを提供しています。

またSTは、Orlyの開発プロジェクトにおいて、サポートに関する重要な
エコシステムを構築しています。コンテンツやサービス市場が絶えず進化してお
り、エコシステムは、より複雑になっています。Orlyは、最高のユーザ体験の
提供、データ・フィルタリングによるプライバシー保護、その他サービスとの
双方向性の確保、およびセキュアなトランザクション処理の支援を実現するため、
コンピュータ・ソフトウェアを介して各コンポーネントとアプリケーションを
接続するミドルウェア・スタックの選択に柔軟性を持たせています。Orlyは、
Adobe runtimesを利用するAndroid(TM)等のプラットフォーム上のRIA(Rich
Internet Application)に対応しています。Webアプリケーションは、
デスクトップ・アプリケーション・ソフトウェアの特徴を多く備えているため、
ユーザがSTBから直接Webサイトを閲覧したり、オンライン・ゲームを楽しむこと
ができます。また、Adobe AIRに対応しているため、ユーザはFlashベースの
アプリケーションをTV App Storeからダウンロードすることができます。
IHS iSuppli社によると、ネットワーク接続型TVに配信されるアプリケーション
は、今後10年間で数億人規模の市場に成長すると予測されています。

STのSTB用ソリューションの詳細については、
リンク をご覧ください。

技術情報
Orlyは、付加価値事業者サービスやクラス最高のセキュリティへの対応を目的と
した先進的な機能に加え、MVC(Multi-View Coding)や3Dテレビ用の
H.264/MPEG2/4 AVCの他、VC1やGoogle WebMなど、最新の放送・ビデオ圧縮規格
を全てサポートしています。これらの規格は、Webソフトウェア、放送サービス、
リアルタイム・テレビ会議等のインターネット・ソースをストリーミングする際
に、ビデオ・コンテンツのデコードならびに再生に使用されます。

また、より高品位のビデオ・ビット・ストリーミングによってビデオ規格を強化
する、1080p 60Hzデュアル・デコーディング、SVCデコーディング、
HDエンコーディング等の拡張機能を導入しています。さらに、片側60フレーム/
秒のフルHD 3D動画もサポートしています。特にゲームでは、この高いフレーム
周波数により、モーション・ブラーの無い卓越した連続画像が生み出され、
フィルム映像のようになめらかな動画が可能です。これはユーザに対して、卓越
した輝度・鮮明度・透明度を持つ優れた画質を保証するものです。

クワッドコアのARM Mali(TM)-400 MPグラフィック・プロセッサ・ユニット(GPU)
を搭載したOrlyは、HDユーザ・インタフェースとHDゲームのグラフィックス体験
を向上させます。STが提供している従来の高性能TV/STB用ICと同様、Faroudjaの
ビデオ拡張技術を採用したOrlyは、ハイエンドのホーム・シアター・システムに
匹敵するビデオ品質を実現します。

現在、Orlyは主要顧客向けにサンプル出荷中で、2012年に量産を開始する予定で
す。


STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術
力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、
マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の
追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2010年の売上は103.5億
ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: リンク
STグループ(英語): リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
コンスーマ セグメント
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。