logo

「第2回レコチョクオーディション」 グランプリメンバー決定!男性ユニット、Vimclip(ヴィムクリップ) 本日デビュー曲配信開始



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤 裕一)は、次世代を担う男性ユニットの発掘を目的とした「第2回レコチョクオーディション」でボーカル・ダンサー・DJからなる「Vimclip(ヴィムクリップ)」のグランプリメンバー6名が確定したことを発表致します。

当社は、9月2日(金)に新木場STUDIO COASTで『レコ★Hits!公開収録×レコチョクLIVE』を開催。ボーカリストの最終選考を実施し、前日9月1日(木)までレコチョクサイト上で実施していたユーザー投票によるストリーミングレースの結果、最多回数を獲得した久保永樹を選出し、残り2名はパフォーマンス審査の結果、沼澤智之・野間一輝を選出しました。

最終審査前に三谷怜央、青木武憲のダンサー2名とDJの和田拓郎が決定しており、男性ユニット「Vimclip」は、本日9月14日よりavexから配信デビュー致しました。

配信デビュー曲「恋心」は、オーディションの為にGReeeeNのプロデュースワークで著名なサウンドプロデューサーJINとminiほか多数のプロデュースで知られるnishi-kenによって書き下ろされたオリジナル楽曲で、「着うた(R)」「着うたフル(R)」「着うたフルプラス(R)」とスマートフォン向けダウンロード・シングルの4形態にてレコチョクより独占配信を開始致しました。

 当社は、今年創立10周年を迎えました。今後も、音楽コンテンツ配信を中心とした多種多様なエンターテイメントコンテンツの提供を積極的に行い、音楽を愛する全ての方々に新しい価値を提案する総合エンターテイメント企業を目指します。

--------------------------------
Vimclip(ヴィムクリップ)メンバー
--------------------------------
■ボーカル
名前:久保 永樹 (くぼ えいき)
年齢:22歳
趣味:スポーツ全般・ゲーム
特技:ダンス・Talkbox
好きなアーティスト:マイケル・ジャクソン

名前:野間 一輝 (のま かずき)
年齢:19歳
趣味:カラオケ、ボーリング
特技:似てないモノマネ
好きなアーティスト:EXILE

名前:沼澤 智之(ぬまさわ ともゆき)
年齢:25歳
趣味:音楽制作
特技:ダンス
好きなアーティスト:Brian McKnight

■ ダンサー
名前:三谷 怜央(みたに れお)
年齢:21歳
趣味:サーフィン
特技:ものまね・料理
好きなアーティスト:VERBAL

名前:青木 武憲 (あおき たけのり)
年齢:27歳
趣味:DVD鑑賞
特技:水泳
好きなアーティスト:クリス・ブラウン TAEYANG (BIG BANG)

■ DJ
名前:和田 拓郎 (わだ たくろう)
年齢:23歳
趣味:映画・美術鑑賞
特技:スノーボード
好きなアーティスト:クリス・ブラウン、松任谷由実


▼レコ★Hits!公開収録×レコチョクLIVE「~第2回レコチョクオーディショングランプリ発表~」レポート
次世代を担う男性ユニット「Vimclip」(ヴィムクリップ)のメンバーを公募した「第2回レコチョクオーディショングランプリ」の最終オーディションが9月2日、新木場STUDIO COASTであり、ボーカリスト3名が久保永樹、沼澤智之、野間一輝の3名に決定した。ステージでは結成されたばかりの6名でデビュー曲「恋心」(14日配信スタート)を披露。久保は「パフォーマンス中、みなさんの声援がパワーになった。しっかり音楽を届けられるよう頑張る」と決意を新たにしていた。

 オーディションは音楽情報番組「レコ★Hits!」とレコチョクサイトを通じ公募され、ボーカル最終選考前に三谷怜央、青木武憲のダンサー2名、DJの和田拓郎の3名が決定。この日はファイナリストに残った5名で、ボーカリスト3名の枠が争われた。

 1人目のボーカリストに選ばれたのは、携帯サイト内で歌唱シーンを流したストリーミング動画の再生回数が集計期間中2万3618回と最も多かった久保。大きく一呼吸つき、ガッツポーズで喜びを爆発させた。MCからメンバーの証であるシルバーの衣装を受け取ると「一生懸命頑張る」と満面の笑み。会場からは大きな拍手が送られた。

 残る2枠は、ファイナリスト4名を2人1組にし行った歌唱・ダンス審査。課題曲はデビュー曲の「恋心」で、それぞれの思いを楽曲にぶつける渾身のパフォーマンスで集まった1500人を圧倒した。

 審査後、名前を読み上げられた沼澤は、一列に並んだほかの3名を気遣うように小さくガッツポーズをし、そして声援を送る観客らに対し感謝を込めるように深く一礼。最後の1人に選ばれた野間は、緊張で身体が硬直していたようで、列から一歩前に出るのがやっと。ユニットを組む5名に、労をねぎらうように肩を抱かれるとようやく笑顔を取り戻していた。沼澤は「応援してくれた家族、友だち全ての人に感謝でいっぱい」。野間は「多くの人に支えられてここまで来ることができた。これからどのくらいかかるか分からないけれど、全ての人に思いを返していきたい」とそれぞれ感謝していた。

 合格者を読み上げた株式会社レコチョク 代表執行役社長 加藤 裕一は「9名の審査員はそれぞれ推す人が違い拮抗していました。最後はグループとしてのバランスを見て選んだ」と選考理由を説明。「選ばれなかった2人も夢を捨てずに、ボーカリストを目指して」と最終選考に残った2名を称えた。

 May J.など人気アーティストらが歌を披露したイベントの最後を飾ったのは、生まれたばかりのVimclipのライブ。シルバーの揃いの衣装に身を包んだ6人は、初ライブとは思えないほど、それぞれの持ち味を最大に生かしたステージで魅了。観客席からは「頑張って」と大きな声が。客席ではここまでともにオーディションでしのぎを削った応募者たちも見守り拍手を送っていた。

取材・文/西村綾乃

■『第2回レコチョクオーディション』とは
GReeeeNほか幅広いプロデュースワークで知られる“JIN”と、mini等をプロデュースし自らもキーボーディストとして活躍中の“nishi-ken”の2名をサウンドプロデューサーに迎え、次世代を担う“男性ユニット"を新たに結成するべく、ボーカル・ダンサー・DJを男性15歳以上(中学生不可)を対象として、それぞれ募集。
全国5000人を超える応募者のなから、音源・書類選考と面接を経て、3次審査のサバイバル合宿で、ダンサーとDJそれぞれ1名を確定。ボーカルはファイナリストとして5名が選ばれた。さらにダンサー追加オーディションにて残り1名のダンサーが決定。
ボーカリスト最終審査は、サウンドプロデューサーJINとnishi-kenによって書き下ろされたオリジナル楽曲をファイナリスト5名が歌唱し、その動画を「レコチョク」サイトにて、8月20日(土)から9月1日(木)までの期間限定で無料ストリーミング配信。視聴数が最も多かった上位1名をボーカリスト1名として決定し、残り2名は9月2日に開催した、「レコ★Hits!公開収録×レコチョクLIVE」のパフォーマンス審査にて決定。
ユニットは、avexよりメジャー・デビューが確定されています。








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。