logo

独自ツールで設計効率化を支援 3D CAD「SolidWorks支援ツール」新バージョンをリリース



キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ(本社:東京都港区、
代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、大幅に機能を強化した
「SolidWorks支援ツールVer.3」を10月3日より提供します。
本ツールは、3D CADソフト「SolidWorks」の保守契約をキヤノンITSと締結し
ているお客さま向けの、ものづくりの効率化を実現する独自サービスです。

製造業向けITソリューションの開発・供給を強化しているキヤノンITSは、
SolidWorksの販売に加え、そのカスタマイズや導入支援などのサービスを行っ
ています。また、そこから得られた知見を生かし、設計業務の効率化に有効
で利便性の高い独自ツールを提供しています。

キヤノンITSは、本ツールの提供をはじめ、ものづくりにおける開発・設計・
生産までの一貫した製造業向けのエンジニアリング領域でキヤノンITS独自の
付加価値を提供しています。

■ユーザーの声を実現した大幅な機能強化

今回強化した機能は、家電・精密から自動車・重工にいたる幅広いお客さま
を対象に、昨年秋リリースのVer.2に対し、さらにヒアリングやアンケートに
よる調査を行い、その結果に基づいてキヤノンITSが独自に開発したものです。
国内の製造業のお客さまの声をもとに、従来機能に加え、日本のものづくり
を支援する独自機能を現25機能から35機能に増やしました。
これからも、ユーザーの声を積極的に伺いながら機能追加を行っていきます。

【新バージョン紹介】
キヤノンITソリューションズ主催「Engineering Solution Conference 2011」
日時:2011年9月9日(金) 場所:キヤノンSタワー(東京都港区港南)
リンク


<SolidWorks支援ツール Ver.3の主な仕様>

1.主な機能強化

(1) チェーン寸法作成機能
 特に家電ユーザーから要望が多かった2次元図面に対して、効率的に複数の
 寸法をチェーン状に配置する機能。

(2) ユーザーインターフェイスの強化(表示方向アイコン)
 操作性向上を目的としたユーザーインターフェイスの強化や2次元ユーザー
 からの移行を意識した3次元形状の表示方向を制御するアイコンの強化。

(3) 材料ライブラリ一括登録機能
 高価なPDMなしで、ユーザーがモデルの属性情報(材質など)を効率的に
 登録する機能。

その他32機能
(公差反映、データパック、線属性一括変更、プロパティ一括入力(EPDM)、
3次元スケッチ点作成、参照先自動置換(EPDM)、クローンアセンブリ、モデル
寸法一括編集、アセンブリ材料編集、非参照ファイル移動、図面連続線/外形
線抽出、ノントリムフィレット、フィーチャー名一括変更、など)

2.動作環境

・Microsoft Windows XP Professional 32bit版(Service Pack3)、
 64bit版(Service Pack 2)
・Microsoft Windows7 Professional 32bit版、64bit版(Service Pack 1)
・Microsoft Internet Explorer Ver.6.0以上
・最低512MB RAM 推奨1GB RAM以上
 (SolidWorks2009は、最低1GB RAM 推奨2GB RAM以上)
・空きハードディスク容量1GB以上
・解像度1024×768以上256色以上表示が可能なディスプレイ
 OpenGL対応のビデオカード(ビデオメモリ32MB搭載)推奨
・対象バージョン SolidWorks2009,2010, 2011
 SolidWorks Enterprise PDM 2009, 2010, 2011
・Microsoft Office2003(Service Pack 3), 2007(Service Pack 2)

3.提供方法

(1) 提供対象
 SolidWorks Subscription Service 契約をキヤノンITSと締結している
 ユーザー(Commercial版)

(2) 提供方法
 キヤノンITSのWebサイトからダウンロード

(3) 機能追加
 最低1回/年、ユーザーからのご要望をもとに実施予定


※「Windows」は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国におけ
 る登録商標または商標です。
※「SolidWorks」は米国Dassault Systemes SolidWorks社の登録または商標
 です。
※記載の製品名および社名などはそれぞれを表示するために引用されており、
 それぞれの各社の登録商標あるいは出願中の商標である場合があります。


<一般の方のお問い合わせ先>

キヤノンITソリューションズ株式会社
エンジニアリングソリューション事業部 
Tel:03-6739-7510
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。