logo

エフセキュアの通信事業者向けMac OS版セキュリティ ソリューションがMac OS X Lionに対応

エフセキュアが通信事業者向けに提供しているセキュリティ ソリューション 「エフセキュア プロテクション サービス コンシューマ」 のMac OS版が、本日2011年9月2日よりAppleの最新OSである「Mac OS X Lion」 に対応開始します。

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、日本法人代表: 桜田 仁隆、以下 エフセキュア) が、通信事業者向けに提供しているセキュリティ ソリューション 「エフセキュア プロテクション サービス コンシューマ」 が、Appleの最新OSである 「Mac OS X 10.7 Lion」 に、本日2011年9月2日より対応開始します。

Mac OSの市場シェアの成長に伴い、Mac OSをターゲットにした脅威が増えてきています。たとえば、Macユーザを騙して偽セキュリティソフトの購入を強要する “ローグウェア“ や、検索結果を悪用してユーザをマルウェアに感染したウェブサイトに誘導する “SEOポイズニング“、更にはMac OSの脆弱性を悪用してルート権限を奪取するトロイの木馬なども新たに報告されており、Mac ユーザのセキュリティ対策に対する関心、必要性が一層高まっています。

エフセキュアでは、このたび最新のMac OSである 「Mac OS X 10.7 Lion」 に対応することで、BIGLOBEのMac版セキュリティ サービス 「BIGLOBE Protection for Mac」 とエキサイトの 「Exciteインターネットセキュリティ」 などのサービス事業者ならびにパートナーを通じて、インターネット利用者の安全性の向上を支援して参ります。

■「エフセキュア プロテクション サービス コンシューマ」について
リンク

■「BIGLOBE Protection for Mac」について
リンク

■「Exciteインターネットセキュリティ」について
リンク



*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。