logo

IPプッシュによるAndroid端末向け安否確認サービス『IP-Push安否』を開始

株式会社AXSEED 2011年08月29日 13時53分
From PR TIMES



株式会社AXSEED(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新明善彦)は、
IPプッシュによる安否確認サービス『IP-Push安否』を開始します。
IPプッシュ・ベースの特徴は、管理サーバから配信された安否確認
メッセージをAndroid端末画面に優先的に表示し、パスワード・
ロック時でもパスワード画面の上で確認できる点です。法人向け
サービスとして、トライアル受付を2011年11月よりスタートいたします。

当社はスマートフォン総合管理システムを展開しており、Android用MDM
(Mobile Device Management)サービスにおいては、国内で売上シェア
40% 以上※を獲得しております。『IP-Push安否』 では、端末リモート
制御のノウハウを活かし、災害時の電話発信規制やメール遅延の影響を受け
ない堅牢なIPプッシュ・ベースの安否確認を実現いたします。
※富士キメラ総研発行「2011スマートフォンビジネス総調査」調べ

【 企画背景 】
東日本大震災では、早々かつ大規模な携帯電話網の発信規制とメール集中に
よるメール・サーバでの配信遅延により、『電話連絡による点呼』や『一斉
配信メールによる安否確認』システムはほとんど機能しませんでした。

その一方で、電話は掛からなくてもSkypeで話ができた、メールは届かな
くてもtwitterで情報共有できたという事が話題になるほど、阪神・淡路
大震災において実証されたIPネットワークの有用性と堅牢性が、今回の
東日本大震災でも再確認されました。

そこで、他社に先駆けIPプッシュ・ベースでの法人向け安否確認サービス
を開発することとなりました。Android OS v2.2以降には、C2DMと呼ばれ
るIPプッシュ機能が装備されています。管理サーバからAndroid端末にリア
ルタイムに制御コマンドを送りつけることができるため、安否確認に最適です。

1.電話網の呼制御システムに依存しないため発信規制時でもパケット通信可能
であれば機能する

2.無線LAN接続でも機能する

3.メール・サーバへのメール集中による配信遅延の影響を受けない



※リリースファイル(PDF)はこちらをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。