logo

【9/6無料セミナー】リードナーチャリングとグローバルWeb

FatWire株式会社 2011年08月29日 10時21分
From PR TIMES

リードナーチャリングとグローバルWeb


 リードナーチャリングとグローバルWeb
 【FatWire無料セミナー】9月6日開催

 グローバルWebは、先進国、新興国、BOPなどへ商品認知を前提とした知識や、商品そのものの知識を育成し、営業につなげるプロセスも大変重要になってきます。Webサイトやソーシャルメディアはリードを得るための道具であると同時に、リードを育成する貴重なツールです。

 今回はリードナーチャリングの日米の実情に造詣が深く、WebサイトのKPI設計を得意とする 株式会社Nexal 代表取締役 上島 千鶴 様より、「グローバル企業におけるリードナーチャリング」をお話をいただきます。

 リードナーチャリングのシステム化は、グローバル企業にとり、将来の経営に直結するものです。ぜひ皆様ご参加ください。


◇ セミナー概要 ◇
………………………………………………………………………………
日程   2011年9月6日(火)
時間   15:30~16:40(15:00受付開始)
開催会場 FatWire USTREAMスタジオ
     〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-9-4 西野金陵ビル6F
     リンク
     【FatWire USTREAMスタジオ風景】
     リンク
主催   FatWire株式会社
対象   ◇Web CMSの導入をご検討のお客様
     ◇Web CMSのリプレースをご検討のお客様
     ◇PIM(商品情報管理)をご検討のお客様
参加費  無料(事前登録後に抽選となります)定員30名

………………………………………………………………………………
◇ セミナーアジェンダ ◇
………………………………………………………………………………

◆ 受付開始 (15:00)


◆ イントロダクション WEM Communityのご紹介 (15:30-15:40)

  Web CMSはサイト更新ツールとして利用するフェーズから、顧客
  体験をマネジメントするWeb Experience Management(WEM)に進
  化しています。WEMを目指すWebマスター、IT部門の方々が自由
  に参加できるCommunityサイトをfacebookでオープンしました。

     WEM Community
     リンク

     講師 : FatWire株式会社
     営業部 ディレクター 佐藤 高生


◆ グローバル企業におけるリードナーチャリング

  ・各国の営業と本社マーケ部門の実態
  ・グローバル企業におけるリードプロセス課題
  ・マインド醸成対象の顧客層
  ・リードをナーチャするという考え方
  ・国や組織に応じたオウンドメディア選定
  ・クオリフィケーション指標とシナリオ例
  ・シナリオに応じたコンテンツ施策
  ・マーケティングオートメーション化へ
  ※内容は若干変更になる可能性がございますのでご了承ください。

     講師 : 株式会社Nexal
     代表取締役 上島 千鶴(カミジマ チヅル)

    株式会社Nexalとは、
    ビジネスプロセス最適化、顧客接点の視点からネット×
    リアルのビジネスモデルを最大限発揮するための自社
    メディア戦略策定、施策立案、ウェブKPI設計、サイト
    PDCAやクロスメディアキャンペーン効果検証を提供する
    専門コンサル企業です。
    リンク

    リードナーチャリング勉強会
    リンク


◆ USTREAM・YouTubeとリードナーチャリング (16:20-16:30)

  複雑性の高い商品などはWebサイトで文字や写真で伝える以上
  に動画を利用する方が効果的な場合があります。
  グローバルなリードナーチャリングをUSTREAM、YouTubeなどで
  行う方法をご紹介します。

     講師 : FatWire株式会社
     技術部 武井 克文

◆ Q&A(16:30-16:40)


………………………………………………………………………………

■お申込みURL

 リンク

※競合他社様・個人事業主の方の参加は、ご遠慮いただいております。
※FatWire USTREAMスタジオには、WiFi、電源など用意されています。
※Q&Aの際、声はUSTREAM配信されますが、受講者を撮影することはありません。

■USTREAM配信

 標準画質版(SD)  : リンク
 高画質版(HD)   : リンク

※FatWireJPよりハッシュタグは別途Tweetでご案内します。
 FatWire Twitter : リンク

 FatWire株式会社
 リンク

 お問い合わせ
 リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。