logo

【SolidWorks】DS SolidWorks Corp.、SolidWorks 教育版2011-2012を発表

DS SolidWorks Corp.、SolidWorks 教育版2011-2012を発表
-- 教室でSolidWorksを使用している学生のキャリア面での成功を支援 --

2011年7月5日、マサチューセッツ州コンコード発 - Dassault Systemes SolidWorks Corp. (DS SolidWorks)は、同社の教育分野における最新のソフトウェアであるSolidWorks(R) 教育版 2011-2012を発表しました。この製品には3次元モデリングツールの他にシミュレーション、持続可能な設計、モーションのためのツールが組み込まれており、操作習得に時間をかけることなくエンジニアリングと設計の基本的な知識の習得に専念することが可能です。また、これらの知識の習得により将来のキャリアに備えることができます。
Lista International社の設計エンジニアであるDavid Bazinet氏も、最初は学校でSolidWorksを使用し、現在はLista社のオフィス用家具を開発する設計チームの一員として、その製品の一部はOrange County Choppersでも使用されています。

「SolidWorksのおかげで学生時代にエンジニアとしてのキャリアに不可欠な基礎とスキルを身に付けることができました」と、Bazinet氏は話しています。「エンジニアは、設計デザインだけでなくコミュニケーション能力も必要とされます。確実な基礎を身に付け、デザインや質の高い製品を作るために必要なツールについて理解しているからこそ、お客様の要求や仕様を満たすことができます。これもSolidWorksを使用した授業のおかげです」

SolidWorks 教育版では、教室での授業と共に実践的な設計演習教材が提供され、授業の最後には SolidWorks 認定試験にチャレンジすることもできます。世界各国の24,000を超える高等学校および大学の学生が、日本語を含む14の言語で使用できる総合的なSolidWorksカリキュラム教材とチュートリアルを活用しています。また、ネットワークライセンスを100ライセンス以上保有し、サブスクリプションサービスにご加入中の教育機関の教職員、および学生は、SolidWorks Student Access (自宅自習用ライセンス)を使用することができ、学外でもSolidWorksを用いてカリキュラム作成や予習、課題など随時自分の設計に取り組むことができます。

さらにSolidWorks 教育版では、サブスクリプションサービスに加入中であればSolidWorks 認定試験:Certified SolidWorks Associate(CSWA)試験を無償で受験できるサービスを提供しています。この試験はSolidWorksの専門知識を検証するもので、就職活動時にアピールでき、学生自身のスキルが証明できます。CSWAを取得すると、そのステータスは永久的に維持され、学生は25,000人の認定者が所属するSolidWorksユーザーのコミュニティに参加できるようになります。どの学生も、生涯学習を通じて上級の認定試験(SolidWorks Certified Professional)にチャレンジできます。また、SolidWorks Associateプロバイダに登録すると、教育機関の先生が試験官となり、生徒へ無償で試験を実施できます。

DS SolidWorks社・教育チームのマーケティングディレクターであるMarie Planchardは「イノベーションと進化に対応した次世代のエンジニアを育成することは様々な業界が成功するために非常に重要なことです」と述べています。「学生は実践の機会が非常に多いため、いつでもどこでもSolidWorks が使用できる環境を提供しています。私たちは、世界中の教育関係者の方々と共に、あらゆるレベルの学生を将来有望な設計エンジニアとして育てられることを誇りに思います。」

カリフォルニア州サンノゼのDiscovery Charter Schoolに通うRiley Lewisさんは、「SolidWorksの良い点は、優れたチュートリアルがあること、そして非常に直観的で使いやすいソフトウェアです」と語ります。「SolidWorksは、教室の中でも外でも非常に便利です。私はこの夏CSWA認定試験を受験する予定で、友達と共同で流体力学ペレットの設計をしています。私が選択するキャリアは、機械設計のような厳密な設計です。SolidWorksは、私が設計の世界にうまく入っていくために欠かせない、多くの重要なスキルを準備してくれます」

SolidWorks Premium 2011ソフトウェアに基づく新しい教育版ソフトウェアには、以下の拡張機能が含まれています。

・PhotoView 360 - 写実的なレンダリング製品。
・SolidWorks Sustainability - 製品設計のカーボンフットプリント、エネルギー、大気、および水の利用に関する環境上の影響を計算します。
・2Dシミュレーションを含むFinite Element Analysis (FEA)の基本機能に深く対応しています。

SolidWorks 教育版 に対応する以下の付加製品は、ホームページ上、またはSolidWorksの販売代理店経由で提供されています。

・DraftSightTM - 無償* の2D自動ドラフト作成ツール。コスト効果の高い方法で2Dおよび3Dに関する教育を提供できます。
・3DVIA ComposerTM - 既存の設計データを使用した3Dテクニカルコミュニケーションが可能になります。

現在、ソフトウェアは販売代理店を通じて入手できます。フルタイムの教職員、および学生は、SolidWorks 学生版を購入することもできます。詳しい情報は、以下をご覧ください。
リンク

*スタンドアロンライセンスは、アクティベーションが必要です。

**補足説明
2011年6月末現在、教育版は世界累計1,127,400ライセンス(24,500校以上)、国内累計71,200ライセンス(625校以上)に導入されているもっとも教育カリキュラムとして採用されている3次元CADです。
日本では、大学・短大で163校、高専で48校、高等学校で238校、専修・専門学校で36校、職業能力開発機構、ポリテクセンター 、技術専門校、他で140校に導入されています。また、次世代エンジニア育成事業として、高専ロボコン、学生フォーミュラ、キッズエンジニアなどの社会貢献活動にも積極的に協賛・協力をしております。


■Dassault Systemes SolidWorks Corp.について
Dassault Systemes SolidWorks Corp.はDassault Systemes S.A.の子会社であり、3Dソリューションの世界的なリーダーとして、数百万人のエンジニアおよび設計者の革新を支援しています。弊社の製品では、直感的な操作で製品設計、解析、製品データ管理、環境負荷評価用ソフトウェアの開発および販売を行っています。最新のニュース、情報、オンラインデモンストレーションについては同社のWeb サイト(リンク)をご覧になるか、お電話で1-800-693-9000 (北米以外からの場合は+1-978-371-5000)までお問い合わせください。ワールドワイドでは、教育版を含み累計1,589,600ライセンス/148,600社以上出荷済(2011年8月1日現在)。

■ソリッドワークス・ジャパン株式会社について
(米) Dassault Systemes SolidWorks社の3次元CADソフトウェア 『SolidWorks』製品群および3DVIA製品 等の日本市場における販売・マーケティング、サポートおよびパートナー開拓・技術支援を実施しています。国内主要な製造業を網羅しており、特に設備・装置・機械全般で35%、精密・医療・電子機器・エレクトロニクス全般で35%、それ以外に金型・加工、自動車関連、プロダクトデザイン等に採用されています。現在は単なるモデリングツールではなく、設計を支援するツールとして使い勝手のさらなる追及と設計検証、データ管理・運用等への展開のためのマルチプロダクト戦略で優位性を確保し市場を拡大しています。設立1998 年 12 月 17 日、代表取締役社長 大古俊輔、従業員数70名。日本国内では、教育版を含み累計123,200ライセンス/16,500社以上に出荷済(2011年8月1日現在)。

SolidWorksはDassault Systemes SolidWorks Corporationの登録商標です。DraftSightおよび3DVIA Composerは米国その他の各国におけるDassault Systemesの商標です。その他のブランド名または製品名は各所有者の商標です。(C) 2011 Dassault Systemes SolidWorks Corp.

Dassault Systemes SolidWorks Corp.
プレスお問い合わせ先:

Kristen Wilson
Dassault Systemes SolidWorks Corp.
オフィス:+1 978-318-5245
Kristen.Wilson@3DS.com
www.solidworks.com

Mike Fearon
SHIFT Communications
オフィス:+1 617-779-1807
Solidworks@shiftcomm.com

■本件に対する報道関係者からのお問い合わせ先:

ソリッドワークス・ジャパン株式会社
マーケティング部・担当部長 金谷 道雄(かなやみちお)
E-Mail: michio.kanaya@3ds.com
TEL: 03-5442-4005 / FAX: 03-5442-6256
〒108-0022 東京都港区海岸3-18-1ピアシティ芝浦ビル リンク

本プレスリリースは、2011年7月5日、マサチューセッツ州コンコードにて発表された記事の翻訳に、一部日本国内の教育市場の実態を加筆した版となります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。