logo

DRサイトの共同提案などを目的としたアライアンス体制を5社で構築



 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧 拓)は、ほくでん情報テクノロジー株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役社長:佐藤 富士夫)、株式会社電算システム(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長執行役員:田中 靖哲)、株式会社ケイ・オプティコム(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤野 隆雄)、ファーストライディングテクノロジー株式会社(本社:沖縄県浦添市、代表取締役社長:上原 稲一)とお客様の事業継続を支えるシステム環境の提供などを目的としてアライアンス体制を構築いたします。
 まず初めの取り組みとして、全国各地に位置する各社データセンターをDRサイトとして各社と共同提案を行ってまいります。

 昨今、災害やライフラインの停止といった事態に備えるディザスタ・リカバリが、事業継続の観点から注目を集めており、データ保存の一極集中化を避けてリスク分散を図る事が求められています。この様な状況の中、優れたデータセンター基盤をベースに様々なサービスを提供してきた各社が連携を強化して、地理的に離れた各社のデータセンターをDRサイトとして共同提案していくことで、非常時のリスク軽減といったお客様のニーズに応える事が可能であると考えました。
 なお、今後につきましては、現在各社で展開しているクラウドサービスなどの各種サービスの共有化や相互提供の推進、海外データセンター拠点やパブリッククラウドとの連携など、アライアンス体制の更なる強化を目指してまいります。


1.提供開始するサービスメニュー:
  (1) DRサイト向けデータセンターコロケーションサービス
  (2) 仮想化技術を利用したDRサイト構築サービス
  (3) リモートバックアップサービス


2.共同提案の対象となるデータセンターの立地状況:

  北海道:ほくでん情報テクノロジー株式会社
  東京 :三井情報株式会社
  岐阜 :株式会社電算システム
  大阪 :株式会社ケイ・オプティコム
  沖縄 :ファーストライディングテクノロジー株式会社


3.今後の実施を検討していく取り組み:
  (1) 共同プロモーション活動の実施
  (2) 提供サービスの共有化や共通化による競争力強化
  (3) パブリッククラウドへの取り組みや海外データセンターとの連携
  (4) セキュリティ、モバイル端末関連SaaSサービスの提供
  (5) 本サイト/DRサイト、顧客サイト/データセンタを統合する運用監視サービス

 なお、詳細は「アライアンスセンターによる事業継続サービス提供
リンク)」ご紹介ページをご覧下さい。

   
(※)DRサイト:DR(ディザスタ・リカバリ)は、例えば地理的に離れた複数のデータセンターに同じデータを保存するなど、災害などによりコンピュータシステムが稼働できなくなった場合に備えて代替手段を用意して事業の継続を可能にする事で、DRサイトはDRを目的として通常利用するデータセンター等とは別に構築するサイトの事。
                                                                            以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。