logo

「第2回レコチョクオーディション」 “男性ユニット”結成へ向けファイナリスト出揃う!



株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤 裕一)は、新人アーティスト発掘を目的とした「第2回レコチョクオーディション」でボーカル・ダンサー・DJからなる男性ユニットのファイナリストが確定したことを発表致します。

本オーディションは、GReeeeNほか幅広いプロデュースワークで知られる“JIN”と、mini等をプロデュースし自らもキーボーディストとして活躍中の“nishi-ken”の2名をサウンドプロデューサーに迎え、かねてより実施していたもので、グランプリはエイベックス・エンタテインメント株式会社からメジャーデビューが確約されています。音源・書類選考と面接を経て、3次審査のサバイバル合宿で、ダンサーとDJそれぞれ1名を確定し、ボーカルはファイナリストとして5名が選ばれました。

最終審査は、オーディションの為にサウンドプロデューサーJINとnishi-kenによって書き下ろされたオリジナル楽曲をファイナリスト5名が歌唱し、その動画を「レコチョク」サイトにて、8月20日(土)から9月1日(木)までの期間限定で無料ストリーミング配信し、視聴数が多かった上位1名のボーカルがグランプリに決定となります。

また、ボーカルのファイナリスト5名は9月2日(金)に新木場スタジオコーストにて行われる『レコ★Hits!公開収録×レコチョクLIVE~第2回レコチョクオーディショングランプリ決定』(出演者抜粋:木下優樹菜・佐々木希・MAY’S・May J.・KG…ほか)イベントにて、パフォーマンスをし、会場審査にてボーカル残り2名のグランプリが決定します。

グランプリは、9月13日(火)放映の日本テレビ系音楽情報番組『レコ★Hits!』およびレコチョクサイトにて発表され、その翌日9月14日(水)には配信デビューが予定されています。

 当社は、今年創立10周年を迎えました。今後も、音楽コンテンツ配信を中心とした多種多様なエンターテイメントコンテンツの提供を積極的に行い、音楽を愛する全ての方々に新しい価値を提案する総合エンターテイメント企業を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。