logo

OnApp、プロバイダー向けCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)プラットフォームを提供開始

OnApp 2011年08月12日 11時42分
From PR TIMES

「OnApp CDN」を利用することで、インフラを持つ必要なく26億ドルのCDN市場への参入が可能に。さらに、合併されたCDNにより、大幅なコストダウンを実現。


(2011年8月8日、英国ロンドンにて)
OnAppは、プロバイダーのために完全に特化されたコンテンツデリバリーネットワーク「OnApp CDN」の提供開始を発表いたします。「OnApp CDN」は、プロバイダーに即座に全世界で利用可能なCDNを供給し、プロバイダーが独自にCDNインフラを構築することなく利用できるサービスを提供いたします。これにより、どのプロバイダーも26億ドルのCDN市場への参入が可能となり、中小企業も導入しやすい新世代の低コスト高パフォーマンスのCDNサービス提供についてプロバイダーの導入を可能にします。

CDNは、ウェブサイトの閲覧者が、ローカルサーバから送られるコンテンツを確実に受け取れるようにすることで、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させています。今までは、CDNを構築し、コンテンツの受信を確実にするには、世界中からのデータセンターに莫大な投資が必要となっていました。「OnApp CDN」では、必要に応じてCDNの容量を売買できる場を設け、プロバイダー同士で使用できるクラウドの容量をシェアし、ローカルのCDNのアクセス・ポイントに使用することができます。このシステムにより、プロバイダーは世界規模のCDNを構築することが可能となり、その容量シェアを事業収益化し、これまでは大企業だけに運用が限定されていたCDNサービスを、低価格で始めることを可能としています。

「OnApp CDN」のローンチにより、40箇所のCDNアクセス・ポイントを、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで提供することとなり、OnAppはCDNサービスで世界で5本の指に入ることが確実となります。OnAppのCDNプラットフォームは、オンラインコンテンツのHTTP push, HTTP pull, ストリーミング・ライブストリーミングに対応しています。

OnAppの最高経営責任者であるDitlev Bredahlは、この発表がCDN市場やプロバイダー、またオンラインコンテンツの迅速な配信に頼っている全てのユーザーにとって、なぜこれほどまでに重大なのかついて、以下のように説明しています。「長い間、この26億ドルのCDN市場は一握りの納入業者のものでした。利用料金は法外なもので、プロバイダーたちは世界のデータセンターネットワークを運営するための料金を埋め合わせなくてはならなかったのです。しかし、今は「OnApp CDN」によりその必要がなくなり、他のCDNベンダーと比較しても劇的に安い価格でCDNサービスを利用できるようになりました。さらに、基本的な機能性しか持ち合わせていなかった従来型のサービスに比べ、私たちは初めて低価格で高機能なシステムの利用を可能にしたのです。」

「その他にも、「OnApp CDN」が素晴らしい理由があります。今まで、迅速なオンラインコンテンツの配信に頼っていた企業が、このCDNサービスを既に取引のある企業とのサポートとして利用することもできるのです。」

「OnApp CDN」は、ソフトウェアとOnAppとAflexi(OnAppのグループ会社)を統合したサービスです。Aflexiの最高責任者であるWhei Wongは、今後「OnApp CDN」とアジアでの事業をマレーシアのクアラルンプールで進める意向を示しています。

「このサービスの開始は、プロバイダー業界にとって、素晴らしいチャンスです。現在10~15社のCDNが存在していますが、今後プロバイダーが「OnApp CDN」を採用することによって、この数字が4~5年の間に数百になるだろうと予想しています。迅速なオンラインコンテンツの配信に依存しているオンライン小売業者や出版社、またオンラインを利用する全ての業界にとって、CDNサービスが劇的な低価格で利用できるようになるのは、素晴らしいニュースです。」と、Wheiはコメントしています。

「OnApp CDN」の3つの主な要素
1. OnApp CDN スタック: プロバイダーにより配置されたCDNサーバのソフトウェア。ユーザーにとって使いやすいウェブインターフェースになっています。「OnApp CDN」はローカルユーザーにコンテンツ供給すべく、アップ元のウェブサイトからコンテンツをローカルサーバーへ複製します。
2. OnApp CDNaaS(CDN as a Service): OnAppの世界各地14ヵ所にあるエニーキャスト ドメインネームシステム。CDNaaSがサーバの状況や場所によって、どこのローカルサーバが最適かを判断しています。
3. OnApp CDN フェデレーション: CDNの容量を提供しているプロバイダーネットワークと、必要に応じた容量で売買できる市場。プロバイダーが自ら料金を設定し、市場では情報量や地域、サーバースペックなどに応じて利用可能なCDNリソース(アクセスポイント)に関する必要情報が表示されます。

プロバイダーは、仮にアクセス・ポイントに貢献しなくても、このCDN フェデレーションに加入することができます。これにより、プロバイダーがCDNインフラを構築しなくとも、CDNサービスを提供することが可能となります。OnAppはそのフェデレーションのメンバーの仲介役となり、市場での取引きや支払いなどを取り扱います。

OnApp CDN フェデレーションの設立メンバーで、PEER 1 Hostingの商品マーケティングの副社長であるTim Varmaは、「インターネット業界では、世界中どこからでも素早く顧客に供給するために、CDNが必要とされていますが、「OnApp CDN」は、それを可能にするのです。つまり、PEER 1は、インフラを構築するのに莫大な投資をすることなく、取引先の顧客へ素晴らしい価値を提供できることになります。アジアからヨーロッパにかけて、このフェデレーションからより多くのアクセス・ポイントが利用可能になれば、究極的なウィン‐ウィンの関係となるでしょう。」と、コメントしています。

OnAppのCDNサーバのソフトウェアは「OnApp CDN」を利用するプロバイダーには無償で提供されます。「OnApp CDN」利用プロバイダーにOnAppへ支払っていただく料金は、CDNコアネットワーク(OnApp CDNaaS)を流れるトラフィックにかかるテラバイトあたりの低価格の通信費と、OnApp CDN フェデレーションの市場取引で発生する数パーセントの手数料のみとなります。

「OnApp CDN」は、2011年8月8日 サンディエゴで行われるHostingCon exhibitionでサービスローンチいたします。OnAppは313番ブースにて出展いたします。

OnAppについて:
OnAppは、プロバイダーにソフトウェアを提供する代表的な企業。2010年7月に設立し、OnAppのソフトウェアは、現在では世界各地で数百のプロバイダーにより利用されています。代表的なOnAppのソフトウェアは、プロバイダー向けの唯一のクラウド管理ソフトウェアであるOnAppクラウド、そして、プロバイダー業界におけるオンラインコンテンツの画期的な配信方法であるOnApp CDNです。OnAppは、ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアに80人のスタッフを擁しています。
HP:リンク

報道関係のお問合せ先:
Champion Communications
OnApp@championcomms.com
+44 20 7268 3076

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。