logo

【ムービースクエア】2011サマーキャンペーン『日本の夏、アニメの夏 名作アニメを見よう!』 ~「家なき子」「宝島」「ムーの白鯨」「レッドバロン」の無料配信を実施~



株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:岡村 秀樹 以下トムス)は、8月1日より、「日本の夏、アニメの夏 名作アニメを見よう!」をテーマに“2011サマーキャンペーン”を実施、動画配信ポータルサイト『ムービースクエア』において、「家なき子」「宝島」「ムーの白鯨」「レッドバロン」の4作品の無料配信を開始いたします。

名作・傑作アニメを多数配信する動画配信ポータルサイト『ムービースクエア』は、今年3月、iPhone・iPadに対応し、より多くのユーザー様にご利用頂けるようになりました。
この度、より一層多くの方に、ご利用して頂けるよう、夏のキャンペーンを実施致します。

本キャンペーンでは、「あしたのジョー2」「スペース・コブラ」「ベルサイユのばら」など、数々の名作アニメーションを手がけ、惜しくも4/17に急逝された出崎統監督の代表作「家なき子」「宝島」の2作品を含む4作品、合計60話を無料にて配信致します。

あわせて、往年の名作アニメーションのキャラクターが、オシャレ&キュートに変身したスペシャルな壁紙を、会員登録者の方に無料プレゼント致します。

また、『ムービースクエア』の姉妹サイトにあたる、アニメ情報サイト『ムビマガ!』では、出崎統監督作品を徹底解剖する特集記事「追悼特別企画・出崎統の魅力に迫る!」を8月より順次公開致します。

夏休み、是非この機会に、名作アニメーションの世界に触れてみてください!

『ムービースクエア』は、ルパン三世、巨人の星、あしたのジョー2、ベルサイユのばら等、数々の名作・傑作アニメーション作品を配信する動画配信サイトです。今後も様々なプロモーションを実施いたしますので、今後の展開にご期待下さいますよう、お願い申し上げます。

■2011サマーキャンペーン「日本の夏、アニメの夏 名作アニメを見よう!」実施概要
「家なき子」「宝島」「ムーの白鯨」「レッドバロン」の4作品、合計60話を無料配信。スペシャル壁紙を会員登録された方に無料プレゼント。

<配信サイト>
・動画配信ポータルサイト『ムービースエクア』  リンク
・キャンペーン詳細  リンク
<対象期間>
・2011年8月1日~2011年8月31日
<対象作品>
・「家なき子」 第1~10話(会員登録不要)/ 第11~20話(会員限定)
・「宝島」 第1~5話(会員登録不要)/ 第6~10話(会員限定)
・「レッドバロン」 第1~10話(会員登録不要)/ 第11~30話(会員限定)
・「ムーの白鯨」 第1~5話(会員登録不要)/ 第6~10話(会員限定)
 ※会員登録不要:『ムービースクエア』への会員登録(無料)をせずに、ご視聴頂けます。
 ※会員限定:『ムービースクエア』へ会員登録することで、無料にてご視聴頂けます。
<壁紙プレゼント>
・期間中『ムービースエクア』に会員登録をすれば、無料でダウンロードが可能となります。
<動作推奨環境>
[Windows PC]
Windows XP SP2, SP3/Windows Vista/Windows 7
・Internet Explorer 7 以降・FireFox 3.6 以降
・Chrome 9 以降・Safari 5 以降
[MAC OS X PC]
Mac OS 10.4.11 以上(Intelベース)
・FireFox 3.6 以降・Chrome 9 以降・Safari 5 以降

[iOS採用端末]
・iPhone (3G/iOS3.0 以降)・iPad

■「追悼特別企画・出崎統の魅力に迫る!」概要
動画を面白くするWEBマガジン『ムビマガ!』の名(迷?)ガイド、マミ&コータのコンビが、対談形式で出崎統監督作品の魅力を分かりやすく紹介! 「家なき子」「宝島」の見所をズバリ解説。

<配信サイト>
・動画を面白くするWEBマガジン『ムビマガ!』  リンク
・特集「追悼特別企画・出崎統の魅力に迫る!」全4回
 8月1日より順次公開

■作品紹介
「家なき子」
<放送期間>
1977年10月2日~1978年10月1日(全51話)
<STAFF>
総監督:出崎統
原作:エクトール・アンリ・マロー/脚本:山崎晴哉、伊東恒久、杉江慧子/作画監督:杉野昭夫/画面設定:大橋学/撮影監督:高橋宏固/プロデューサー:武井英彦、山崎敬之/音楽:渡辺岳夫
<CAST>
レミ:菅谷政子/ビタリス:近藤洋介/バルブラン・ママ:鈴木弘子/ジェローム:青野武/ミリガン夫人:武藤礼子/アーサー:山本嘉子/マチヤ:小原乃梨子/リーズ・アキャン:高坂真琴/語り手:宇野重吉 他
<STORY>
南フランスの農村で母親の愛情を一身に受け育った少年レミ。だが彼は捨て子だった。出稼ぎ先で負傷し、すさんでいた養父は、ある日、旅芸人一座にレミを売ってしまう。だが座長のビタリスはレミを実の子のように扱い、文字や音楽、そして”生きる”ことの尊さを教えていく……

「宝島」
<放送期間>
1978年10月8日~1979年4月1日(全26話)
<STAFF>
演出(監督):出崎統
原作:ロバート・スチーブンスン/企画:吉川斌/プロデューサー:銀谷精一、山崎敬之/文芸担当:本間一行/脚本:山崎晴哉、篠原好/ディレクター:竹内啓雄、高屋敷英夫/作画監督:杉野昭夫/美術監督:小林七郎/撮影監督:高橋宏固/音楽:羽田健太郎
<CAST>
ジム・ホーキンス:清水マリ/ジョン・シルバー:若山弦蔵/リプシー:家弓家正/トレローニ:滝口順平/スモレット:江角英明/ビリー・ボーンズ:黒沢良/エイブラハム・グレー:野島昭生/ベンガン:肝付兼太/フリント、レッドルース:北村弘一/パピー:神谷明/リリー:吉田理保子/カレン:前田敏子 他
<STORY>
13歳の少年ジム・ホーキンズは、海賊のビリー・ボーンズに宝島の地図を託されたことから、宝を探す冒険の旅に出ることになった。ジムは、航海を続けるうち、コックとして乗り込んでいた1本足の男ジョン.シルバーに敬意と友情を感じるようになっていく。だが、シルバーの正体は……。

「レッドバロン」
<放送期間>
1994年4月5日~1995年3月28日(全49話)
<STAFF>
企画:武井克彦/プロデューサー:伊藤響、尾穏通/チーフディレクター:さかいあきお/シリーズ構成:武上純希/デザイン原案:野口竜/脚本:武上純希、神戸一彦、森京詞姫、他/作画監督:平山智、進藤満尾、郷敏治、他
<CAST>
紅拳:山口勝平/冴場翔子:岩坪理江/ロビー:亀井芳子、水原リン/熊野勇夫:龍田直樹/柳孔明:塩沢兼人/李仲達:高木渉/マリリン博士:小林優子/アシモフ博士:松尾銀三/フロイト博士:茶風林/シャドー:中村大樹/カイザー(冴場鉄郎):沢木郁也、他
<STORY>
巨大ロボット同士による格闘技『メタルファイト』。紅拳はその格闘王を目指すべく旅をする少年だ。旅の途中、紅拳は冴場翔子という少女と、彼女の作り上げたメタルファイター・レッドバロンの危機を救う。彼女たちを襲ったのは、世界最強のロボットを手中に収めようとする悪の組織カイザーの鉄面党だった。紅拳とレッドバロンは互いを最高のパートナーとし、メタルファイトで新チャンピオンとなる。しかし今度は、そんな彼らにカイザーの魔の手が伸びるのだった。

「ムーの白鯨」
<放送期間>
1980年4月4日~1980年9月26日(全26話)
<STAFF>
チーフ・ディレクター:今沢哲男/脚本:星山博之、松崎健一、金子裕、桜井正明、他/作画監督:香西隆男/演出・絵コンテ:今沢哲男、山吉康夫、出崎哲、永丘昭典、岡崎稔、康村正一/メカニックデザイナー:青木悠三/メカ修正:金田伊功、本橋秀之、亀垣一/音楽:羽田健太郎
<CAST>
剣:武岡淳一/譲:井上和彦/麗:千々松幸子/信:鈴置洋孝/学:つかせのりこ/ラ・ムー:杉田俊也/マドーラ:吉田理保子/プラトス:古川登志夫/ラ・メール:小山茉美、他
<STORY>
かつてムー帝国との戦いに敗れたアトランティスは、小惑星として現代にタイムスリップ。再び世界征服をしようとたくらむ。テレパシーでイースター島に集められた剣、譲、麗、信、学の5人は、ムーの王ラ・ムーの娘のマドーラ、そしてラ・ムーの脳が納められている空飛ぶサイボーグ白鯨とともに、アトランティスの王子プラトス、謎を秘めたラメールらと、世界各地の遺跡戦いを繰り広げる。

※文中に記載している社名・商品名は各社の商標または登録商標です。
(C)TMS

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。