logo

損保ジャパン、日常生活・海外旅行のトラブル対策アプリ 「トラブルCh」をリリース ~オフラインでも使える!専門家による対策情報が一元化~

株式会社損害保険ジャパン 2011年08月01日 15時26分
From PR TIMES



株式会社損害保険ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:櫻田謙悟、以下「損保ジャパン」)は2011年7月29日(金)、iPhoneアプリ「トラブルCh(トラブルチャンネル)」の提供を開始致しました。


|| お客さまの声から生まれた「トラブルCh」
「トラブルCh」は、“クルマのバッテリーがあがったときの対処法”“やけどの応急処置”など国内での日常生活はもちろん、“パスポートを紛失したときの連絡先”といった海外旅行での予期せぬ問題など、様々なトラブルを解決に導くためのアプリです。各トラブルに関する専門家のアドバイスを一元化しているほか、トラブル解決のための便利なツールを搭載しています。

損保ジャパンはこれまでオフィシャルホームページ上で、事故発生時の保険金ご請求方法などの非常時に関する情報から、収納術などの生活に役立つ情報まで幅広くご提供して参りました。これらの情報をご提供していくうち、お客さまのご要望は保険に関連するものだけでなく、日常生活や旅行先での様々なトラブルの解決にあることが明らかとなってきました。このことを受け、損保ジャパンのご契約者さまに限らず、より多くの方々の身近なトラブル解決のお力になれるよう「トラブルCh」が開発されました。


|| 圏外・海外のオフライン環境でも使える!安心のトラブル解決アプリ
「トラブルCh」の情報は『トラブル解決術』『おたすけBOX』『損保ジャパンご契約者さま専用』と大きく3つのカテゴリに分かれています。

『トラブル解決術』は、日常生活や旅行先でのトラブル対処方法をQ&A形式でまとめており、それぞれ専門家からのアドバイスを見ることができます。検索方法は、トップ画面で「自動車」「海外旅行」「生活・趣味」の3カテゴリから探す、「キーワード検索」「タグ検索」で探すという3パターンがあり、状況に合わせてお選び頂けます。Q&Aの回答ページはブックマークしておくことが可能ですので、事前に調べておきますとトラブル発生時すぐに対処方法が確認できて便利です。

『おたすけBOX』は、「緊急連絡先」「いざフォト」「おたすけライト」の3項目に役立つ機能が分かれています。「緊急連絡先」では、携帯電話の紛失時連絡先や110番など緊急通報先、各国にある日本大使館などの電話番号と対応時間、URLが調べられます。さらに“マイ連絡先”として登録しておけば、緊急時にすぐ連絡先を見つけることが可能です。「いざフォト」は、保険証券や車検証、かかりつけ医の連絡先などを事前に写真撮影して簡単に登録する機能で、「緊急連絡先」と合わせていざというときの連絡先を一元管理でき、外出先でも参照できて安心です。また、「おたすけライト」は、LEDライト(iPhone4のみ、3GSは画面)を点灯させることで、iPhoneを懐中電灯として代用できる、まさにおたすけ機能となっています。


『損保ジャパンご契約者さま専用』は、「事故のご連絡 請求金請求」「ご契約者さま向けページ」の2項目に分かれており、損保ジャパンの自動車保険、火災・傷害保険、海外旅行保険などの連絡先や保険金の請求先を確認することができます。「事故のご連絡 請求金請求」では事故対応の流れを図で確認できるので、万が一の時にも慌てずにご対応頂けます。「ご契約者さま向けページ」からは損保ジャパン公式ホームページのご契約者さま向けページに遷移でき、各種手続きの方法などを照会することが可能です。

そしてこのアプリの最大の魅力は、圏外や海外などオフライン環境でも利用が可能という点です(一部の機能を除く)。ダウンロードして頂ければ、万が一の時にも慌てず安心してトラブルに対応して頂けます。海外旅行やドライブの機会が増えるこの季節、ぜひ安心対策として「トラブルCh」を旅行のお供にして頂ければと思います。



 アプリ名|トラブルCh  作者|株式会社損害保険ジャパン  価格|無料
 バージョン|1.0.0   対応OS|iOS 4.0以上
 ダウンロード (App Store)|リンク
 ※今後、Android版も開発予定となっております





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。