logo

アニメ、カワイイ、コンビニ… 世界語になった日本発の50キーワードで交流 『英語で話そう! 世界が恋する日本』―会話のつかみもTwitterもこれでOK― 7/31発売 刊行プロモUstream配信



株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿)より、新刊『英語で話そう! 世界が恋する日本』のご案内を申し上げます。

【世界で愛される日本のカルチャー。
だから、中学生レベルの英語で熱いコミュニケーションができる!】

いま、海外の若者たちが「メイド・イン・ジャパン」と聞いて最も強く認識するのは、家電でも自動車でもなく、「アニメ」。日本人の想像以上に、日本の情報を海外の若者は知っています。海外の若者とコミュニケーションしやすい環境は、日々増幅していっているといえます。

本書は、日本ポップカルチャーの伝道師・櫻井孝昌氏が、世界20カ国、のべ72都市での文化外交活動を通して、世界の若者のココロを圧倒的につかんだ50のキーワードを厳選、会話のきっかけになる短い英文とあわせて紹介します。「ニッポン」を、自分の「好き」な世界を通じて世界に発信し、世界中の人と交流するためのヒントがつまった一冊です。

◆本書の構成◆
Part I 世界はキミを待っている
櫻井氏による日本の若者に向けたメッセージ。世界の若者が日本のポップカルチャーに注目する今こそ、アニメやマンガなどの、日本人であれば誰もが親しんでいる文化的バックグランドを利用して、積極的に海外に出ていくべきだと提案しています。

Part II つながるキーワード
櫻井氏が世界での文化外交活動を通じて実感した、コミュニケーションに特に有効な日本発のキーワード50項目をピックアップ。それぞれに Twitterなどで使えるシンプルな英文、海外での反響を伝えるコラムや写真を掲載しています。海外から見たいまの日本の姿を再認識しながら、会話のきっかけをつかむ一言を世界語である英語で学びましょう。

<著者・櫻井孝昌(さくらい・たかまさ)>
コンテンツメディアプロデューサー、作家、ジャーナリスト。企業や官公庁、アーティスト等の事業企画、イベント・メディアプロデュース等の仕事とならび、世界におけるアニメやファッションといった日本ポップカルチャーの立ち位置や外交上の意義について研究し、フィールドワークを進めている。外務省の有識者会議委員、「世界コスプレサミット」エグゼクティブアドバイザー等の役職も歴任。

<商品情報>
【タイトル】『英語で話そう! 世界が恋する日本』
リンク
【定価】1,400円(税込1,470円) 
【ISBN】978-4-7574-1984-1
【サイズ】四六判 【頁数】184ページ

*****
◆「英語で話そう! 世界が恋する日本」
刊行プロモーションUstream配信!◆
リンク

著者・櫻井氏をはじめ、“2009年外務省カワイイ大使”青木
美沙子さん、ロリータモデルの上坂すみれさんが出演します。
ぜひご覧ください!

2011年8月3日(水)配信 21:00~22:00 
出演者:櫻井孝昌/青木美沙子/上坂すみれ
*****

[株式会社アルクとは]リンク
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数100万人を超える通信講座「ヒアリングマラソン」、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。