logo

MKI、ハイブリッドクラウド専門コンサルティングサービスを提供開始 ― 最適なクラウドサービスの採用と導入を支援 ―



三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧 拓、以下:MKI)は、クラウド環境の活用を検討している企業向けに導入検討や企画支援を行う「ハイブリッドクラウド専門コンサルティングサービス」の提供を開始します。

多くの企業は、従来からの課題である経費削減へ向けた「IT資産の効率化」に加えて、東日本大震災を機に「BCP(事業継続計画)」「DR(災害対策)」の見直しとして一極集中化されたシステム環境の分散化とデータバックアップの構築、更には長期化の様相を見せる電力対策としてシステムの設置場所の見直しなどを検討しています。その解決策の1つとしてクラウド環境の活用が挙げられますが、中でも、利便性やコストパフォーマンスに優れたパブリッククラウドと、高セキュリティの維持が可能なオンプレミス及びプライベートクラウドを併用運用するハイブリッドクラウド環境が注目されています。

 しかしながら、ハイブリッドクラウドの構築にはシステム構成の設計、システムの実装・移行、安定したネットワークやセキュリティの確保等に加えて、複数に分散されたデータ・システムの運用と監視等が求められます。

 MKIは、世界各地域で展開しているMicrosoftやAmazon Web Servicesに代表される大手クラウドプロバイダーのパブリッククラウドサービス上で、基幹システム等のミッションクリティカルな企業システムの稼働検証や各種デバイスからのデータ転送におけるネットワーク・セキュリティ・認証の技術検証、更にシステム運用・保守に関わる管理面での研究開発を昨年より実施してまいりました。これら研究開発で得た知見を活かし、お客様がハイブリッドクラウド環境へシームレスに移行するための課題整理、システム構築・運用までを幅広くサポートしてまいります。

【 提供開始する「ハイブリッドクラウド専門コンサルティングサービス」の概要 】
(1) 要件定義
(2) システム及びデータバックアップ設計サービス
(3) クラウドプロバイダーの選定
(4) システム移行サービス
詳細は、「ハイブリッドクラウド専門コンサルティングサービス ご紹介ページ
(リンク)」をご覧ください。

【今後の取組】
ハイブリッドクラウド環境の円滑な運用管理を行うために、「MKIハイブリッドクラウドマネージドサービス」として以下のサービスを順次提供する予定です。
(1) モニタリング:ハイブリッドクラウド環境を構成する機器の監視機能
(2) セルフサービスポータル:ステータスやグラフ表示、インスタンスのON/OFF、作成/削除
(3) スケールコントロール:インスタンス自動増減制御機能

以 上


【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えてまいります。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティング、設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、お客様の経営戦略や業務基盤をICTで総合的に支える「ICTトータルマネジメントパートナー」として、お客様とともに持続的な成長を実現してまいります。
ホームページ:リンク

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。