logo

【Facebookを利用した転職活動意識調査】回答者の半数程度がFacebookを利用した転職活動に興味あり



株式会社HatchUp(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:八反田智和)は、「Facebookを利用した転職活動意識調査」の結果を発表しました。
概要は以下の通りです。

【調査概要】
調査時期:7月7日
調査対象:弊社イベント参加者
有効回答者数:128名
調査方法:弊社主催イベント【STR】内でのアンケート調査
     リンク


■回答者の約半数がFacebookの転職活動に興味あり

HatchUpでは、都内在住のWEB関連業界で働く20代から40代の男女128名を対象に、Facebookを利用した転職活動意識調査アンケートを実施しました。
その結果、Facebookを利用した転職活動に興味があると回答した人は47%と、WEB関連業界で働く人の約半数がFacebookでの転職活動に関心を示しているという結果になりました。


■高まるFacebookのニーズ

IT技術者のFacebook利用率は約24%と言われています。
この利用率に対して50%近い人がFacebookでの転職活動に興味を持っているということは、Facebook利用者以外でもFacebookでの転職に強い関心があることがわかります。
今後Facebookユーザーの増加に伴い、Facebookを利用した転職活動のニーズは更に高まると言えそうです。


■Facebookでの転職活動を支援するアプリ『NEGOtta』

HatchUpではFacebook上での転職活動支援・企業評価アプリ『NEGOtta』を提供しています。
Facebookを利用した転職活動のニーズが高まる中、その活動をサポートする機能の実装を予定しています。
複数の転職メディアに1度の入力で登録出来てしまう「一発登録」や、複数の転職メディアの求人情報をまとめて検索できる「バーティカルサーチ」など、今後機能を拡大させていく予定です。
一足早く、Facebookでの転職活動をスタートさせましょう。

NEGOtta: リンク
ソーリク: リンク


【株式会社HatchUpとは】
2010年2月よりソーシャルメディアマーケティング事業を運営。主に、ソーシャルアプリ運営事業を展開。
ソーシャルリクルーティングアプリ【NEGOtta】、ライフスタイルアプリ等を運営中。
その他、国内ソーシャルアプリ開発企業向けの開発体制構築支援事業を手がけ、業界大手企業多数との取引実績を持つ。
企業アカウントは、@hatchup


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。