logo

IFRS対応「統合会計 短期導入ソリューション using Oracle E-Business Suite」提供開始 導入期間6ヶ月~・販売価格6千万円~



キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東
京都港区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、国際財務報告
基準(International Financial Reporting Standards、以下IFRS)への対応
支援ツールを含む、IFRS対応「統合会計 短期導入ソリューション using
Oracle E-Business Suite」の提供を開始します。

IFRS対応「統合会計 短期導入ソリューション using Oracle E-Business
Suite」は、中堅~大企業向けに、既存の上流システムはそのまま活用して、
低コスト・短期間にIFRS対応可能なERP統合会計システムを導入するサービス
です。(導入期間:6ヶ月~/販売価格:6千万円~)

IFRS対応「統合会計 短期導入ソリューション using Oracle E-Business
Suite」は、キヤノングループ内で展開しているOracle E-Business Suite統
合会計パッケージをベースとして、IFRSと日本基準に対応した約700種の標準
的な仕訳サンプル、一般的な帳票、およびIFRS注記作成を支援するツールを
搭載しています。導入期間も従来(キヤノンITS過去実績値)と比較して
最大40~50%程度短縮でき、運用・メンテナンスにいたるまで、お客さまの作
業負荷低減を可能にします。本ソリューションにより、急速に変化するグロー
バル経済において、企業の迅速な戦略的経営判断を行うための情報基盤を、
低コスト・短期間で導入することができます。

IFRS対応「統合会計 短期導入ソリューション using Oracle E-Business
Suite」は、3つのソリューションパックを用意しており、エントリーパック
は日本会計基準対応、スタンダードパックはIFRS対応、エンタープライズパッ
クは経営分析まで含めた統合会計システムを提供します。


■ご参考価格
1.エントリーパック【6千万円~】
E-Business Suite統合会計導入のみのお客さま向け

2.スタンダードパック【1億1千万円~】
エントリーパックに加え、IFRS対応を必要とするお客さま向け

3.エンタープライズパック【1億6千万円~】
スタンダードパックに加え、予算管理、経営分析を必要とするお客さま向け


<エンドースメント>
以下のエンドースメントをいただいています。

日本オラクル株式会社

日本オラクル株式会社は、このたびのキヤノンITソリューションズ株式会社
によるIFRS対応を支援する「統合会計 短期導入ソリューション using
Oracle E-Business Suite」の提供開始を歓迎します。現在多くのお客様が
ERPの刷新や改修を検討される際にIFRSへの対応を視野に入れています。
日本オラクルでは、制度対応の一環だけでなくグループ経営という視点に
おいても、「Oracle E-Business Suite」を積極的に推進してきました。
キヤノンITソリューションズでは、現在グローバル製造業の「Oracle
E-Business Suite」の導入に取り組まれており、グループ統合会計システム
の構築において着実に実績を積まれ、技術力を向上されています。
今後は、キヤノンITソリューションズと一体となりお客様のニーズに迅速に
対応し、日本企業のグローバル競争力強化に貢献していきます。

日本オラクル株式会社 副社長執行役員
アライアンス営業統括本部長 志賀 徹也


<一般の方のお問い合わせ先>

キヤノンITソリューションズ株式会社
ソリューション事業本部 基幹ソリューション事業部
Tel:03-5730-7063

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。