logo

シリーズ全世界累計1650万部突破!スニーカー文庫作品 最新作『涼宮ハルヒの驚愕』電子化決定! BOOK☆WALKERにて7月21日より配信開始



角川グループのデジタル戦略会社である、株式会社角川コンテンツゲート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:浜村弘一)は、角川グループ直営の電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて
『涼宮ハルヒの驚愕(前) BOOK☆WALKER special edition』,『涼宮ハルヒの驚愕(後) BOOK☆WALKER special edition』をそれぞれ7月21日より配信いたします。

5月25日に初回限定版、6月15日に通常版が発売され、ライトノベル史上最高の初版51万3,000セット
(前後編合計102万6000部)を記録したメガヒットタイトル、『涼宮ハルヒの驚愕』(角川書店 スニーカー文庫刊)がついに電子版になって「BOOK☆WALKER」にて配信されることが決定いたしました。今回は、おまけのイラストが付いた『涼宮ハルヒの驚愕 BOOK☆WALKER special edition』(前・後編 別配信)となり、「BOOK☆WALKER」だけで手に入れることのできる特別版です。

『涼宮ハルヒの驚愕』が発売されてから、「BOOK☆WALKER」では電子版の既刊が絶好調。ライトノベルランキングの上位を『涼宮ハルヒ』シリーズが独占しました。先日は、文庫版のシリーズ第1作『涼宮ハルヒの憂鬱』の累計部数が100万部を突破するという、こちらもライトノベル初となる快挙を成し遂げるなど、『涼宮ハルヒ』シリーズの勢いは全く衰えません。ハルヒ旋風が巻き起こるなか、電子書籍『涼宮ハルヒの驚愕 BOOK☆WALKER special edition』(前・後編 別配信)が、7月21日に満を持して登場します。

※販売方法、販売価格、内容については、後日改めて発表いたします。

「BOOK☆WALKER」とは: 
iPhone/iPad/iPod touch及び、Android OS搭載端末向けの角川グループ直営電子書籍配信プラットフォーム。現在は、ストア・ビューア一体型アプリケーションとして、公開されています。ライトノベル、コミック、文芸、新書を中心とした角川グループが持つ豊富な作品を、現在1,000タイトル以上電子化し、販売を行っています。
秋以降にはPC版の公開を予定。これまで以上に多くの作品を配信するほか、ニコニコ動画やGREE等の外部ソーシャルメディアとの連携サービスを順次公開し、サービスを拡充させてまいります。

≪「BOOK☆WALKER」にコンテンツを提供している角川グループ会社一覧 ≫
株式会社角川書店/株式会社角川学芸出版/株式会社アスキー・メディアワークス/株式会社富士見書房/
株式会社エンターブレイン/ 株式会社中経出版/株式会社新人物往来社/株式会社角川マガジンズ/
株式会社角川コンテンツゲート

『涼宮ハルヒ』シリーズとは:
角川書店、スニーカー文庫から刊行されている、谷川流/著、いとうのいぢ/イラストの人気ライトノベル作品。2003年に刊行された第1作『涼宮ハルヒの憂鬱』から現在までに10作が発表されています。「ただの人間には興味がありません。」と言い切るちょっと破天荒でキュートなヒロイン涼宮ハルヒと魅力的なキャラクターたちが織りなす物語は、学園物の要素とSFの要素が絶妙に混ざり合い、多くのファンを獲得しています。前作から4年ぶりに刊行された最新作『涼宮ハルヒの驚愕』は、ライトノベル史上最高の初版部数を記録し、発売日に行列ができるなど社会現象を巻き起こしました。

角川コンテンツゲートとは: 
角川コンテンツゲートは、小説、コミックス、映画、アニメ、ゲームといった角川グループの豊富なコンテンツを新たな時代に導くためのゲートとなるべく創設されました。電子書籍配信の「BOOK☆WALKER」「ちょく読み」、映像配信の「ムービーゲート」、さらにはソーシャルゲームやアプリの開発などを通じて、新しい時代のコンテンツのあり方を模索すべく挑戦し続けているインキュベーションカンパニーです。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。